「ジャスト・スタート 起業家に学ぶ予測不能な未来の生き抜き方」レオナード・A・シュレシンジャー他

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャスト・スタート 起業家に学ぶ予測不能な未来の生き抜き方

【私の評価】★★★★☆(87点)


■米国マサチューセッツ州にあるバブソン大学で
 教えている「起業家精神」をまとめた一冊。


 なんと、起業家精神教育に特化した大学で、
 そのMBAコースは「大学ランキング」で
 20年間ナンバーワン。


 著者のシュレシンジャーさんは
 5年間学長を務めています。


・不確実な状況を予測可能と見なしても、
 うまくいかない(p15)


■この本で教えるのは、
 行動すること。


 予測不可能なことは、
 行動してみなければ
 結果はわからない
ということです。


 行動すれば、結果が得られ、
 また修正して行動する。


 これをうまくいくまで
 続けるのです。


・1 行動する
 2 学ぶ(自らの行動から)
 3 学んだことを活かして、再び行動する(p17)


■こうした「行動」の大切さを基本としながら、
 致命的失敗をしないために、
 許容限度を決めておくこと。


 仲間を集めて、役割を与えること。


 情熱は必要ない。

 など米国ナンバーワンらしい内容でした。


 日本にもこうしたことを
 教える大学が増えるといいのですが。


 シュレシンジャーさん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・起業家は結果に満足するまで、・・・
 この「行動する→学ぶ→活かす
 というプロセスを繰り返す。(p30)


・自分のやりたいことを見つける・・・
 情熱的である必要はない。
 物事を始めるだけの意欲があれば十分だ(p36)


・起業家に欠かせない資質は粘り強さだ。
 わき目も振らず、立ちはだかる困難を物ともせずに、
 ひたすら目標を頭に思い描く力である。(p61)


・未知の状況では何をやってもリスクが伴う。
 そのため、行動を開始する前に失っても
 許容できる限度を決めておく必要がある。(p93)


・勧誘プロセスで最も肝心なのは、
 参加を表明した人に対して、
 ただちに実際の作業を割り当てる
ことだ。
 どんなに小さな仕事でも構わない。(p152)


・行動すれば常に何らかの発見があるが、
 考えるだけでは何も見つからない(p170)


ジャスト・スタート 起業家に学ぶ予測不能な未来の生き抜き方
レオナード・A・シュレシンジャー チャールズ・F・キーファー ポール・B・ブラウン
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 31,746

【私の評価】★★★★☆(87点)


人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

1 未知の状況に直面したら

2 不確実なことにチャレンジする

3 クリアクションを実践する


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む