「松下幸之助の予言」松下 幸之助、津本 陽

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■松下幸之助の発言から、
 将来の日本についての発言を
 抜粋した一冊です。

 経営の神様といわれた幸之助ですが、
 日本国という組織の将来に
 不安を持っていたようです。


 だからこそ、
 松下政経塾を創設したのであり、
 いろいろな場所で提言をされていた。

 そして、畏るべきは、
 二十一世紀がアジアの時代となり、
 日本と中国がアジアのリーダーとなることを
 予測していたこと。


・二十一世紀は、アジアの時代です。
 学問的、理論的に研究したのではなく、
 私の長年のカンでいうのですが、・・・
 日本と中国とが、アジアに繁栄をもたらすための
 リーダー役を務めなければいけない。
 (松下幸之助)(p40)


■そしてまた、幸之助は日本の赤字国債の
 膨張に非常に憂いていました。

 松下幸之助の理想は、
 累積赤字ではなく、累積黒字によって
 税金のない国家を作りあげること。

 現状とは正反対。


 ・国を興すのが指導者であれば、
  国を亡ほすのもまた、指導者です(p83)


 という、幸之助の言葉が、
 心に重く感じました。


■「見識」という単語がありますが、
 これほど人によって落差のあるものは
 ないかもしれません。

 恐るべき松下幸之助の「見識」。

 これはとても真似できないと
 確信しましたが、
 少しだけでも真似したい。

 幸之助さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・かりにいまの貨幣価値で一千兆円の積立金ができ、
 それを年利五パーセントで運用すれば、五十兆円の
 国家収入が得られます・・・このようにひとつひとつ
 洗い直していくと、百年先には税金がいらなくなる(p47)


・国民は政府に甘えており、
 政治家も国民を甘やかしている・・・
 しかし、国民といえども、まちがっていれば、
 まちがっている、と叱らなければいけません

 それが教育であり、政治だと思います。(p90)


・職能教育をしたらいいんですよ・・・
 必要としない人に無理に大学教育をほどこそうと
 するから、問題が発生してくる。勉強が嫌いや、
 仕事をするほうが好きやという者にまで、
 無理に勉強させることはない。(p125)


・天皇のおられる御所には、堀らしい堀もなかった。
 しかし、二千年の間、天皇家はつづいてきた。
 ここんところはよく考えないといけませんな(p70)


・「叱りがいのあるやつを叱るので、
  それは期待されている証拠やと思え」
 と、幸之助は常にいっていた(p25)


・物の値段が宝石のように高くなったら
 土くれだと思って売り払え。
 物の値段が土くれのように安くなったら
 宝石だと思って買え(『史記』「貨殖列伝」)(p115)


【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む