「耳で聞くD・カーネギー人を動かす オーディオCD版 」デール・カーネギー

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

耳で聞くD・カーネギー人を動かす オーディオCD版

【私の評価】★★★★★(96点)


■本日は、コミュニケーションの不朽の名作と
 言われる「人を動かす」です。


 この本のCD版を仙台の「読書駅伝」に寄付しようと思い、
 バックナンバーをチェックしたら、
 これまで、紹介していなかったことが判明したので、
 遅ればせながら、今回ご紹介します。


■私は、このCDを車で聞いています。
 それは家族にも聞かせたいからです。
 そのためなら1万円は安いと思います。


 価格が高いと思う方は、
 書籍版を購入してください。


■内容としては、笑う、名前を覚える、
 誤りを指摘しない、思いつかせるなど
 それなりの人にとっては、当たり前の内容になっています。


 そうしたコミュニケーションの基本を
 膨大な実例を示しながら説明してくれるのが、
 この名著の特徴です。


■だれに聞いても不朽の名著ですので、
 未読の方はご購入ください。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・重要感を持たせる(第一部:人を動かす三原則-第2章)


  ・笑顔を忘れない(第二部:人に好かれる六原則-第2章)


  ・思いつかせる(第三部:人を説得する十二原則-第7章)


▼引用は、この本からです。

耳で聞くD・カーネギー人を動かす オーディオCD版

創元社
売り上げランキング: 8049
おすすめ度の平均: 4.5
5 レビューどおり、朗読がかなりよかった
4 結構お買い得かな?
5 心が浄化される思い。
5 読むと聴くの違い
4 D・カーネギーの教えがより身近になりました!

【私の評価】★★★★★(96点)



■著者紹介・・・デール・カーネギー

 1888年アメリカ合衆国生まれ。
 大学卒業後、新聞記者、俳優、セールスパーソン等を経て、
 YMCA話し方教室担当。その後、デール・カーネギー研究所設立。
 『人を動かす』『道は開ける』など名著多数。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.pngblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

様々なわかりやすい事例が多く非常に面白い。

ビジネスをする上で基本となることがつまっています。

この本で何所が大事な部分を抜粋するのには非常に困難です。(僕のとってはこの本の全てが重要なことばかりなので・・・。)

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む