本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「カーネギー話し方入門」D・カーネギー

2005/01/11公開 更新
本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★★(94点)


要約と感想レビュー

 普通の会社で仕事をしている限り、「話す」ということは大切な技術ですが、ポジションが上にいくにつれて、その重要性はどんどん大きくなっていきます。


 実際、トップになると「話す」ことが仕事のようなものになってしまうのですから、「話す」ことについては継続的に学んでいく必要があります。そこでお勧めが、この一冊です。


・『胸のうちに言いたいことが確かにあると思うまでは、口を開いてはならん。確かだとなれば、ただそれが何であるかだけを突き止める。そこで話をする、そして着席するんだ。(p14)


 話す技術だけではなく、準備、心構え、環境作り、記憶強化法など、これ一冊で、話すことについては、ほぼカバーできる内容になっています。それも内容は非常に実用的、実践的であり、「話す」ことについての教科書として繰り返し読まれるべき一冊です。


 例えば、自分の体験に基づいた話をする、最後に話すことばを繰り返し練習する、聞く人を一か所に集めるなど、効果的な話し方を教えてくれるのです。


・聴衆を一ヵ所にかためる・・・聴衆が散らばって座っていたら、前の方に移動して話し手の近くに座るように頼んでみます。(p158)


 最後にカーネギーシリーズの「人を動かす」「道は開ける」は、この本と同じレベルの名著ですので、古本屋で見かけたらすかさずゲットしてください。


この本で私が共感した名言

・どんなふうに終わることにするか、はっきりと考えておく必要があります。終わりの言葉を何度もくりかえし練習しておくことです。(p209)


・頭の中で思うだけなら、そうむずかしくはないでしょう。自分は成功する、と信じるのです。固く信じたら、今度は、成功するのに必要な行動を起こすことになりましょう。(p116)


・傾聴に値する話には、単なる言葉以上の何かがある。それは話と共に伝わってくる味わいといったものだ。(p146)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★★(94点)


目次

第1章 勇気と自信を養う
第2章 自信は周到な準備から
第3章 有名演説家はどのように準備したか
第4章 記憶力を増進する
第5章 スピーチの成功に欠かせないもの
第6章 上手な話し方の秘訣
第7章 話し手の態度と人格
第8章 スピーチのはじめ方
第9章 スピーチの終わり方
第10章 わかりやすく話すには
第11章 聴衆に興味を起こさせる方法
第12章 言葉遣いを改善する



著者紹介

 デール・カーネギー・・・1888年米国生まれ。大学卒業後、雑誌記者、俳優、営業マン等を経て、YMCA話し方教室担当となり、やがてD・カーネギー研究所設立。『人を動かす』『道は開ける』などの著書は2000万部以上の売上を記録。


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。
<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,


コメントする


同じカテゴリーの書籍: