「仕事前の1分間であなたは変わる」長谷川 和廣

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事前の1分間であなたは変わる―デキる人が毎日、大切にしていること

【私の評価】 ★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(93点)


●ニコン・エシロールの復活は、何かの雑誌で読んだことがあり、
 その秘密が書いてあるのでは?
 と、この一冊を手にしました。


 著者は、ニコン・エシロール赤字だった同社を
 1年目で黒字転換、
 2年目に無借金経営とした長谷川 和廣さんです。


●その秘訣を推察してみると、
 目標設定、実施計画(アクションプラン)、
 実行部隊とのコミュニケーション(ケンカ含む)
 にあるようです。


 まず、目標設定ですが、
 本書では全体についての記載はありませんが、
 必ず目標には【社員のための退職金原資の確保】
 を入れているそうです。


 つまり、会社の目標は、社員のためでもあるという
 ことを明確にするわけです。


 ・赤字企業の再建に乗り出すとき、
  私がいつも必ず掲げる目標があります。
  それは社員の年収二年分の退職金原資を
  作ることです。(p84)


●次に、実施計画では、目標に合わせて、
 全社員に「ワークチェックリスト」という計画書を義務づけ、
 PDCAサイクルをまわしているようです。


 ・ニコン・エシロールの再建を始めたとき、
  私は全社員に「ワークチェックリスト」という
  計画書の提出を義務づけました。(p45)


●最後に社員とのコミュニケーションですが、
 社内を歩いて社員とのコミュニケーションを取るのは当然として、
 仕事においてはケンカをも
 コミュニケーションの一つと考えているようです。


 ・ひと言いいながら頭を下げて、
  こちらのほうから水に流すきっかけを作る。
  それくらいの度量がなければ、
  こちらからケンカを仕掛けてはいけません。
  ケンカの目的は優劣をつけることではなく、
  あくまでも問題を明確にすることなのですから(p34)


●この本は、リーダーが仕事に向かう心構えを
 説いたものですが、
 すべてのビジネスマンに応用できるものです。


 2400社以上の企業を再建したという著者の
 実績に相応した説得力のある
 充実した内容になっています。


 本物の一冊ということで★5つとしました。
 今後も長谷川 和廣さんを
 フォローしていきたいと思います。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・目覚まし時計をいつもより一時間だけ早くセットして、
  朝一番に出社してみてください。
  それが自分を変える第一歩になります(p14)


 ・上司にこびるより社外に顔を売りなさい(p58)


 ・愚痴は提案の形で上司にぶつけてみる(p127)


 ・おすすめしたいのが、"プラスワンの習慣"です。
  どんな仕事でも自分が満足したところから、
  もう一回、もう一時間、もう一件など、
  とにかく目標となる数字に
  一をプラスしてみるのです。(p131)


▼引用は、この本からです。

仕事前の1分間であなたは変わる―デキる人が毎日、大切にしていること
長谷川 和廣
かんき出版
売り上げランキング: 117556
おすすめ度の平均: 3.5
3 新人向けのビジネス指南書
4 新社会人に是非読ませたい

【私の評価】 ★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(93点)


■著者紹介・・・長谷川 和廣

 1939年生まれ。大学卒業後、十条キンバリー、ゼネラルフーズ、
 ジョンソン等でマーケティング、製品マネジメントを担当。
 その後、ケロッグジャパン、バイエルジャパンなどで社長などを歴任。
 95年バリラックスジャパン社長に就任。00年ニコン・エシロール
 代表取締役。赤字だった同社を1年目で黒字。2年目で無借金とする。
 2400社以上の企業を再建し、「もう一人のゴーン」と呼ばれる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む