本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「テレビが伝えない国際ニュースの真相」茂木誠

(2020年11月16日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(84点)


内容と感想

■駿台予備校の世界史講師であり
 世界史系YouTuberが教える
 国際ニュース解説です。


 テレビや新聞は事象を教えてくれますが、
 その背景や本質、歴史的解釈は
 教えてくれません。


 逆にマスコミは、読者を望む方向に
 誘導しようとさえする組織です。


 だから私たちは、中立的な立場から
 ニュースを解説してくれる人が
 必要なのです。 


・全マスメディアが共和党候補のトランプを叩きました・・・トランプを叩いたマスメディアのバックには、スポンサーである証券会社や銀行、つまり国際金融資本がついていました。もともと世界規模で自由に商売をしたい国際金融資本は、グローバル思考の民主党を支持しています(p138)


■著者が教えたいのは歴史を見れば、
 国際政治というものは冷酷かつ
 打算的だということでしょう。


 アフガニスタンのタリバンが
 アルカイダのビンラディンを
 保護すれば攻撃され、
 終戦後うまく統治できないと
 アメリカは撤退する。


 アメリカはベトナムでも南ベトナムを
 見捨てたし、シリアでも
 IS掃討に協力したクルド人を
 見捨てて撤退した。


 アメリカが在日米軍基地を維持
 しているのは、アメリカにメリットが
 あるから維持しているにすぎないのです。


・アメリカは歴史上、・・・ベトナム戦争でも、最後は南ベトナム親米政権を見捨てましたし、最近では・・シリア内戦でクルド人を見捨てました。散々かき乱しておいて、うまくいかなくなったら退散する。これがアメリカという国です(p269)


■世界では争いが絶えず、大国の利害で
 弱者は攻撃され、見捨てられるのが
 国際社会の現実なのだと思いました。


 中国とアメリカという大国の間で
 日本はどのような選択をしていくのか
 現実的に考えられる人を政治家として
 選ぶことが大事なのでしょう。


 確かにテレビが伝えないニュースの
 真相となっていました。


 茂木さん、
 良い本をありがとうございました。


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


この本で私が共感した名言

・「昭和維新!」を叫ぶ青年将校らが2・26事件を起こすと、民衆は喝采を送ったのです。現代の日本はどうでしょう。かんでもかんでも「アベが悪い」と煽ってきた一部野党の人たちがいます。ところが選挙をやってみると自民党が勝ち続け、国民が立ち上がって政権打倒の大きなムーブメントを起こさない(p205)


・日本にはスパイ活動そのものを取り締まる法律がなく、「スパイ天国」といわれています。そのような国に、ファイブ・アイズの加盟国が重要な情報を提供するでしょうか(p88)


・日本は、北朝鮮のミサイルを必要以上に恐れることはありません。日本には飛んでこないからです。なぜなら、北朝鮮にとって日本は大事な「カネづる」だからです。日本には朝銀信用組合(朝銀、現在のハナ信用組合)・・・バブル崩壊後に次々と破綻しました・・・朝鮮総連を通じて、「上納金」として推定4500億円・・・当時の小泉政権は、莫大な金額の公的資金を投入して救ってしまいました(p104)


・文在寅政権は、米韓同盟の破棄とともに、日韓基本条約の破棄を望んでいるのです。韓国はもはや「西側」ではない(p122)


・武漢市疾病予防管理センター・・・2017年と2019年には、実験中にコウモリが暴れてその血を浴びた研究者が、14日間の自己隔離を行った、という記録があります(p22)


・クルド人武装勢力がISとの闘いでアメリカ・オバマ政権の支援を受けるようになりました・・・ISが壊滅した以上、もはやクルド人に頼る必要もありません・・・クルド人を使い捨てにしたのです(p247)


・イギリスが世界の覇権争いで一人勝ちしていた19世紀、自由貿易を受け入れた国はすべて滅びるか、植民地に転落しています・・・トランプがアメリカファーストで保護貿易に舵を切ったのも、自由貿易によって安価な中国製品が流入し、アメリカ国内の工業が弱体化していたからです(p81)


・ドイツは世界経済の優等生で、通貨マルクは割高でした・・・ドイツは、イタリアやギリシアなど「困った国々」をEU内に抱え込み・・・あえてユーロの価値を落とすことによって、ドイツ製品を世界で売りまくる戦略です(p197)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村へ


▼引用は、この本からです

茂木誠 、SBクリエイティブ


【私の評価】★★★★☆(84点)


[楽天ブックスで購入する]



目次

第1章 中国 覇権国家の野望とコロナ戦争
第2章 米中サイバー戦争と東アジアの危機
第3章 超大国アメリカの大転換、大統領選の行方
第4章 EU大解体とイギリスの復活
第5章 中東にくすぶる世界大戦の火種


著者紹介

 茂木誠(もぎ まこと)・・・東京都出身。歴史系YouTuber、作家。駿台予備学校、ネット配信のN予備校で大学入試世界史を担当。iPadを駆使した独自の視覚的授業が好評を得ている。世界史の受験参考書のほか一般向けの著書も多数。


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
登録無料
 

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: