「40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい」佐々木 常夫

| コメント(0) |

40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい

【私の評価】★★★★☆(81点)


■家族の問題で定時退社しながら
 東レで取締役、東レ経営研究所所長などを
 歴任した著者の仕事術です。


 同期トップで昇進していっただけあって
 情報収集と上司への気配りに
 抜かりはなかったようです。


 まず、情報収集としては社内の
 キーマンの情報を集めて、対話の
 機会を作って関係を良くしておく。


 また、新しい職場に異動になったら
 その職場の資料をすべて読み、
 現状を把握して課題を見つけ出し、
 何らかの手を打つのです。


・私は40代の頃、社内の人物分析のひとつとして、キーマンごとに入社年度、出身大学、経歴などを調べて一覧表にし、すべて暗記していたことがあります(p75)


■また上司への気配りとしては、
 「定期的なおうかかい」と称して
 定期的に報告していたという。


 定期的に報告してもらえるから
 上司は安心して、著者を信頼して
 くれるでしょう。


 さらには定期的に面談することで
 上司と個人的に親しくなり
 ツーカーの関係にもなることが
 できるのです。


・上司に対して「定期的なおうかがい」・・・私は課長だった時、つねに部長のスケジュールを確認し、もっとも余裕のある日時を選んで・・目安は2週間に一度、1回につき30分程度ですが・・やがてそれほど時間をとらなくてもツーカーで聞いてもらえるようになりました(p86)


■役員から東レ経営研究所所長への異動を
 左遷と認識していることを
 意外に思いました。


 著者としてはさらに上のレベルで活躍
 したいという志があったのでしょう。


 ただ、左遷されたおかげで
 こうした本を書いて稼げるように
 なったとも言っています。


 佐々木さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・40代のみなさんがすべきは、全力でがんばるのではなく、むしろ力を抜いてみる・・「幸せな人生」というゴールに最小限の努力でたとり着くために、ムダなものを省く=不要なものを「略す」という考え方(p5)


・私は39歳で課長に昇進しましたが・・・妻の看病と自閉症の長男を含む3人の子どもたちの世話をすべく、毎日18時には退社しなければならなくなりました・・「仕事では何をすべきで何をすべきでないのか」を徹底的に試行錯誤したのです(p6)


・新しい部署に着任したら、最初に必ず「事実の把握をする」ということ・・・私は45歳の時、初めて営業部門に配属されました・・さっそく事実の把握に取りかかると、流通経路が(東レ→販売元→問屋→小売店)と多段階のために、最終小売価格が高くなっていると気づきました・・・東レから小売店へ直接販売スべきだと提案しました(p37)


・「忍耐」より「ゲーム感覚」・・「どうしたらあの上司をウンと言わせられるか?」「何をクリアすればこの案件を通せるか?」といった具合に、仕事にゲーム感覚を取り入れてみるのです(p23)


・良い習慣のひとつに「一歩先の行動をとる」ことがあります。会議や打ち合わせの時、10分程度余裕をもって席につくようにする(p39)


・上司の性格を把握・・・おおざっぱな上司には「痒いところに手が届く」ような対応を、性格の細かい上司なら時間厳守や整理整頓に気配りしつつ、大局的な視点も提案すれば、君に対する評価はより高まると思います(p90)


・「トレビーノ」という浄水器の販売営業を担当していた女性・・・大量発注をもらえたものの、今度は人手不足で納期に間に合わないとなると、彼女は工場の人たちに「何とか間に合わせてほしい」と頭を下げて頼み、自分自身もラインに入って手伝いを始めました・・そんな彼女の欲や情熱が人の心を動かし、やがて会社を代表するヒット商品を生み出す・・(p30)


・私は会社員の頃からずっと、本や新聞を読んだり、映画や講演を見たりしては、気になる言葉をメモするという習慣を実践してきました・・(p141)


・繊維事業からプラスチック事業の担当に異動になった時・・・専門的な知識については、素人・・自分は管理職として方向性を考えることを優先しよう」そう思ったのです・・・むしろ上下を取り払い部下から教えてもらったおかげで、最短コースで成果を出すことができたと考えています(p148)


・40代にもなって、こんなつまらない仕事しかできない。そう思うのだとすれば、それは仕事がつまらないのではなく、つまらないとしか思えない人間の側に問題がある。勝手に屁理屈をつけて、真剣に仕事に向き合えない自分を正当化しているだけ(p215)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ


40歳を過ぎたら、働き方を変えなさい
佐々木 常夫
文響社
売り上げランキング: 136,263

【私の評価】★★★★☆(81点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 組織を生きる知恵は「略す」にあり
第2章 「争い」は略せ、すべて味方と心得よ
第3章 成果を出すには「時間」を略せ
第4章 仕事を略して家族との時間を増やせ
第5章 略したぶんだけ人生は豊かになる



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)