「部下を定時に帰す「仕事術」」佐々木 常夫

| コメント(0) |

部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~

【私の評価】★★★★★(90点)


■毎日18時に退社しながら、
 東レで同期トップで取締役となった
 佐々木さんの一冊です。


 家族が病気で18時に退社する必要があったため、
 佐々木さんは効率的に仕事を進める技術を
 高めてきました。


■佐々木さんは大企業のサラリーマンですので、
 3年ほどで異動があります。


 したがって、まず、その職場でどのような
 成果を出すのか、決めることからはじめます。


  ・「在任中に何を成すか」を決める(p62)


■そうして仕事のイメージができたところで、
 その年の事業の大方針を決めます。


 これは、部下を使わずに自分で
 事業部の方針を決め、取締役レベルに
 方向性の了解をとるわけです。


  ・事業の目指すべき方向について、
   私が作ったタタキ台(この時点では現場の意見は聞かず、
   私ひとりでつくります)をもとに、
   トップマネジメント層に議論してもらう(p44)


■そうした骨太方針が決まったところで、
 日々の仕事を計画していきます。


 やはり、仕事のプライオリティ、
 締め切りが大切なようです。


 締め切りを作ることを習慣化することで、
 定期的な仕事については、だいたいの工数が
 見えてくるようになるのでしょう。


  ・プライオリティの仕事を選択し、
   自らデッドライン(締め切り)を決めて
   追い込んでいくことが欠かせないのです。(p35)


■私には、サラリーマンとしての
 細かな仕事のコツも非常に参考になりました。


 書庫の整理から過去の仕事をデータベース化。


 上司への定期的な報告、
 それと付き合いのある人のデータベース化です。


  ・自分と少しでも関係のある部署の人については、
   入社年度別にフルネームで手帳に書き出していました。
   そして、入社年度、出身大学、出身地などを丸暗記(p100)


■大企業に働く人にとっては、
 非常に参考となる一冊でしょう。


 ただ、家族が健康な人の場合、18時に帰る度胸があるか
 どうかは別の課題として残るような気がしました。


 本の評価としては、サラリーマンにお薦めの
 一冊ということで、★5つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・仕事に取り掛かる前に、
   「この仕事は2週間で済ませる」とか
   「3日間で完成させる」といった具合に、
   その業務に費やすべき工数を明確にして取り組む
   必要があるということです。(p32)


  ・8時に出社し、・・・課員が出てくる9時までの間に、
   一日の自分と課員の仕事の分担、計画をたて・・・
   部下への指示・コミュニケーションは
   10時までには終わらせます(p69)


  ・課の書庫の書類整理を始めたのです。・・・
   会社の仕事の大半は同じことの繰り返し。・・・
   書庫の中に"答え"はあるのです。(p73)


  ・多くの残業を続ける結果、自分の健康を損ねたり、
   大切な家族とのコミュニケーション不足というマイナスが生じる
   リスクを考えないことに想像力の欠如を感じる(p90)


  ・自分で時間外の時間を記入し、上司に申請するということは、
   自ら所定の時間内では仕事ができないということを毎月
   表明していることであり、そこに羞恥心の欠如をみる(p91)


  ・「定期的」に報告・相談する・・・
   常に部長のスケジュールを確認して、最も余裕のある日時を選んで、
   2週間に一度くらい、だいたい30分のアポイントを
   入れるようにしていました(p114)


  ・30代のころから社内外の研修によく出かけていって、
   ・・・社外研修は自腹で出かけていったものです(p136)


  ・本はあまり読まないけれど、朝から晩まで
   一生懸命仕事をしている人のほうが、
   会社のなかで偉くなっていくケースのほうが多い
   のではないでしょうか。(p152)


▼引用は、この本からです。

部下を定時に帰す仕事術 ~「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵~
佐々木 常夫
WAVE出版
売り上げランキング: 1227
おすすめ度の平均: 4.5
4 部下のいない人にもお勧めの本
5 圧倒的な生き方、仕事の仕方

【私の評価】★★★★★(90点)



■著者紹介・・・佐々木 常夫(ささき つねお)

 1944年生まれ。1969年東レ入社。
 長男が自閉症、妻がうつ病のため、
 育児、家事、看病をするため毎日18時に退社。
 2001年東レ同期トップで取締役。
 2003年より東レ経営研究所社長。
 経団連理事。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)