「コツコツ働いても年収300万好きな事だけして年収1000万」キャメル・ヤマモト

|

コツコツ働いても年収300万、好きな事だけして年収1000万―シリコンバレーで学んだプロの仕事術 (WISH BOOKS)

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■シリコンバレーで2年間働いた
 著者が、アメリカのプロフェッショナルの
 仕事の流儀を教えてくれる一冊です。

■内容としては良くも悪くも
 アメリカの起業家の雰囲気を教えてくれます。

 つまり、主体性を重んじ、
 夢を持ち、成功するまであきらめない。
 プラス思考の塊のような人です。


  ・「もしちょっとした失敗で逃げたくなったら、
   そもそも自分のやりたいことをやっていたのか、
   自分が主体的に取り組んでいたのか、
   胸に手をあてて考えてみろ」と
   ハリーは先輩起業家からビシッと言われました。(p21)

■いちいち日本とシリコンバレーを比較するところが、
 本書の特徴ですが、

 アメリカにも日本にも
 良い点もあれば、悪い点もあるわけで、
 著者はあえて比較して挑発しているのでしょう。


  ・日本のサラリーマンは、何か提案するときに、
   文句をつけられないように周到な分析と言い訳を
   用意します。・・・シリコンバレーのプロフェッショナルは、
   自分の考えで攻めます。・・・情熱と勇気をもって、
   「これをやりたい。これをやればいい」(p66)

■米国では、国内の単純仕事を
 英語の通じるインドやオーストラリアなどに
 移している企業が多くあるといいます。

 したがって、自分で成長しつづけることの
 できる人しか生き残れないという雰囲気があるのでは
 ないでしょうか。

 これからの日本も、そうなりそうな気がしましたので、
 本の評価としては、★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・日本のサラリーマン上司は、
   部下に対して一方的に指示を出しまくるか、
   逆に指示も出せずにほうっておくかのどちらかになりがちです。
   (p52)


  ・分析とは四つにわけること(p76)


  ・コミサは「やりたいこと優先人生」をすすめます。
   理由は簡単。儲かるかどうかはコントロールできないけれど、
   やりたいことをするかどうかはコントロールできるからです。(p169)


▼引用は、この本からです。

コツコツ働いても年収300万、好きな事だけして年収1000万―シリコンバレーで学んだプロの仕事術 (WISH BOOKS)
キャメルヤマモト
幻冬舎
売り上げランキング: 288407
おすすめ度の平均: 3.5
4 読みやすいビジネス啓蒙書
1 金と時間のムダ
5 日本では 受けないかも
1 ただの伝言ゲームのようです。
2 意見にパンチがない

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■著者紹介・・・キャメル・ヤマモト

 山本成一。1956年生まれ。
 外務省入省。退職後、ヘイ・グループ入社。
 その後、ワトソンワイアットに転職。
 2003年から中国で活動


─────────────────

■関連書評■
a. 「鷲の人、龍の人、桜の人 米中日のビジネス行動原理」キャメル・ヤマモト
【私の評価】★★★★★

b. 「ビジネスに日本流、アメリカ流はない」中村 建一
【私の評価】★★★★★

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)