本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「奇跡の営業所」森川 滋之

(2009年3月11日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

奇跡の営業所

【私の評価】★★★★☆(83点)


■派遣社員でありながら、連続トップ営業になった
 和人は、雇われ営業所長となります。


 しかし、新しい営業所には、
 営業経験のないスタッフが8人。


 キャンペーンのための
 臨時の営業所だったのです。


 営業成績は見事にゼロ。


■「営業は根性や経験ではない」というのが持論の
 和人は、担当の入れ替えと営業ツール作りを
 はじめます。


 初心者軍団を指導しながら、だんだんと成果は
 出てきましたが、ノルマは未達。


 和人は「もうだめか・・・」とあきらめかけました。
 しかし、実はスタッフの心にある変化が・・・。


■こうした流れで、ドラマは進んでいきます。


 普通はこうした営業ドラマだけで終わるのですが、
 この本の特徴はそのあとに解説があること。


 個人向けのツールは何がいいのか、
 大口営業のコツは?
 どういったプレゼンが良いのか。
 ちゃんと解説してくれます。


■実は、ドラマのなかにその答えがあるのですが、
 単に読んだだけでは
 気づかない人も多いはずです。


 それを解説で、再度教えてくれる。
 「あっ、そういうことか」
 そうした気づきのある一冊なのです。


■世の中には、何からも学ぶことのできる人と、
 何も学ぶことのできない人がいます。


 この本は、私のように学ぶことのできない人のために
 解説してくれる良い本だと思いました。


 そういう意味で、
 本の評価としては、★4つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・営業の現場で発見した最も高確率で売るノウハウとは?
   それは売り込まないことです。
   驚きでした。(p4)


  ・日本の「営業」という概念は非常に広く、
   海外では、マーケティング、リサーチ、プレゼンテーション、
   セールス、フォローの五つの職種に分かれていることを
   一人でやっています。(p127)


▼引用は、この本からです。

奇跡の営業所
森川滋之
きこ書房
売り上げランキング: 968
おすすめ度の平均: 5.0
5 共感しました
5 あまりにも感動してしまい

【私の評価】★★★★☆(83点)



■著者紹介・・・森川 滋之(もりかわ しげゆき)

 株式会社ITブレークスルー代表取締役。
 1987年東洋情報システム(現TIS)に入社。
 2005年に独立。2008年法人化。
 2007年営業が嫌いになる人を救うためのセミナーを開始。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: