「仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!」飯田 剛弘

| コメント(0) |

仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる! (アスカビジネス)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■外資系企業でチームの一員として
 スケジュール通り仕事を進めてきた著者の
 プロジェクトマネジメントの知恵を
 教えてもらいましょう。


 チームの一員として作業をするという
 ことは自分が遅れれば、全体に
 影響を与えることになります。


 ですから、予想される作業時間、
 絶対に守れる作業時間を見積もれる
 ようにならなくてはなりません。


・仕事というのはチームプレーです・・
 次の工程に進むために、あなたの仕事の
 成果物を必要としている人がいます・・
 普段から、「他の人が、あなたの仕事が
 終わるのを待っている」という意識を
 持つことが大切です(p22)


■作業を効率化する方法は、
 一般的によく知られている内容です。


 マルチタスクにしない。
 作業を邪魔されない環境。
 余裕を含ませる。


 もちろん自分の技量を上げる
 ことも大切ですが、環境整備
 するだけでも効率化できるのです。


・議事録はミーティングの前に準備しておく(p129)


■仕事は小さく分ける、
 仕事の時間の割り振りを考える
 時間を作る・・・
 などの基本も押さえています。


 20代の人にぴったりの一冊では
 ないでしょうか。


 飯田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・まずは毎日朝一番か帰り際の30分~1時間を、
 誰にも邪魔をしない時間として確保し、
 作業仕分けを試してください(p76)


・自分自身がボトルネック、つまり、遅れの原因を
 作っている主犯格であることを認めることが
 第一歩です・・そうすることで、
 具体的に改善することが可能になります(p66)


・仕事が終わるまでの所要時間を見積もるとき、
 精度に自信がない場合は、当初思った時間の
 1.5倍くらいと見積もっておくと割と安全です(p25)


・他人からの割り込み・・複数のソフトウエアを
 同時に立ち上げて使用したり、複数のタブを
 使ってネットサーフィンをしたり、複数の作業を
 瞬時に切り替えながら実行するマルチタスク
 などを考慮すれば、「1週間のうち1日分の
 仕事の時間をムダにしている」と言っても
 過言ではありません(p42)


・簡単にできることとして、メールや
 メッセージの通知のポップアップ機能を
 オフにする、会議室などの邪魔されない
 場所に移動して仕事をするなどの
 方法があります(p51)


・デッドラインがあると、今まで以上に
 目の前の仕事に集中でき、仕事を早く
 終わらせることができます(p95)


・難しそうな問題や仕事が大きすぎて
 よくわからないときは、小さく分けることが
 ポイントです。「これくらいならわかる」
 「これくらいであれば、できる」と思える
 ところまで、小さく分けるのです(p102)


・仕事で成果を出している人は上司を
 上手に使っています・・・
 上司をうまく使うことで、仕事のスピードを上げ、
 短時間で成果を出しています・・・
 一対一で話し合えるミーティングを
 定例化するのがおすすめです(p124)


・聞き手がこちらの言った意図をきちんと理解し、
 行動できるかを確認することが重要です。
 一緒に確認し合った内容を文字やイメージに
 落とし込みドキュメント化することが大切です(p205)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる! (アスカビジネス)
飯田 剛弘
明日香出版社
売り上げランキング: 37,157

【私の評価】★★★☆☆(77点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

第1章 なぜギリギリになってしまうのか?
第2章 アタマの切り換えを減らす
第3章 仕事のスケジュールを組むための「仕分け術」
第4章「いつまでに」を癖にする「デッドライン」の守り方
第5章 振り回されない「コントロール術」
第6章 探す時間を減らす「タスク置き場」の作り方
第7章 時間効率を上げる「ちりつも力」
第8章 仕事のやり直しを防ぐ「逆算思考術」
第9章 時間は金よりケチって使え!



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)