本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「PMBOKはじめの一歩 スッキリわかるプロジェクトマネジメントの基本」

本のソムリエ 2022/02/09メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「PMBOKはじめの一歩 スッキリわかるプロジェクトマネジメントの基本」


【私の評価】★★★★☆(83点)


要約と感想レビュー

 タイトルどおりプロジェクトマネジメントの基本を教えてくれる一冊です。特に多くの人と一緒に仕事をしている人にプロジェクトマネジメントは必須の知識でしょう。


 例えば車の車検を請け負うとします。まず、何をするべきか、いつまでにやるのか、どの程度の手間をかけて品質を高めるのか、関係者と協議して決めなくてはなりません。これはプロジェクトのスコープ管理であり、目的、成果物、成功基準を明確にするということなのです。


 もし、車検を依頼した人がすぐに車を使いたいなら、お金がかかってもスピード重視のほうを喜ぶかもしれませんし、品質重視で時間がかかっても、怪しい経年部品はすべて取り換えたほうが喜ばれることもあるのです。


・スコープの管理とは、ステークホールダーの期待値の管理です・・・作業を詳細化する(p29)


 特に印象的だったのは、外部から資材を調達する場合や外部の人に協力してもらう場合に注意が必要ということです。外部から調達する場合は、意思疎通の難しい外部組織に依存することになりますので、いつ、どんな物が到着するのか、確認する必要があります。


 また、外部の人と仕事をする場合には、まったく違う価値観で行動する可能性をリスクとして織り込んでおく必要があります。外部の人は自分の所属する組織の中での成功を目指すわけで、必ずしもこちらの組織のために動くとは限らないのです。著者も何回か失敗したのでしょう。


・外部の人を連れてくる場合は要注意・・・双方で目的が大きく異なることがあります(p141)


 この本を読んでいてリスクを特定するのが、難しいと思いました。すべてを知っていればリスクは見えていますが、知らない分野があった場合、詳しい人が言ってくれないとわからない場合も多いからです。そうしたリスクを誰もが口に出して言えるような雰囲気づくり、環境づくりが大切であり、難しいのではないかと思ったのです。


 極端に言えば、プロジェクトにおいてはやってみないとわからないことも多いのですが、こうした本を読みながら、経験を積み重ねていくことで、よりよいプロジェクトを行えるようになるのではないでしょうか。基本的な本でわかりやすかったので、★4としました。良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・CCPM(クリティカルチェーンマネジメント)・・・タスクからバッファを取り除いて・・・全体でどれだけバッファを使っているのかが一元管理され管理しやすくなります(p83)


・「調達」は余裕を持ってやろう・・・外注先の業者が中心に準備を進めていくことにもなるので、その準備状況が見えにくい(p140)


・リスクを分析して対策をたてる・・・回避・・・転嫁・・・軽減・・・受容(p105)


・スケジュールが正しく進んでいるのかを見張る・・・日々の進捗状況を記入してもらう・・・定期的に進捗報告会を行う(p172)


・遅れたときはどうしよう?・・・クラッシングは、作業要員の追加投入など・・・ファスト・トラッキングは、順番に実行される作業を並行して実施する技法です(p40)


・プロジェクトは、最後に評価や反省を行って初めて完了となるんだよ(p47)


・KPT(ケプト)法・・・「K:続けたいこと(Keep)」「P:問題だと思うこと(Problem)」「T:試したいこと(Try)」の3つの視点からプロジェクト作業を振り返ります(p201)


▼引用は、この本からです
「PMBOKはじめの一歩 スッキリわかるプロジェクトマネジメントの基本」
飯田剛弘,奥田智洋,國枝善信、翔泳社


【私の評価】★★★★☆(83点)


目次

Introduction PMって何だろう?
Chapter 01【Case Study1】テーマパーク企画にPMを導入したらどうなる
Chapter 02【Case Study2】家のリフォームにPMを導入したらどうなる?~住みやすい家を目指して!
Chapter 03【Case Study3】オフィス移転にPMを導入したらどうなる?~誰でも最初は安だらけ
Chapter 04【Case Study4】夏まつりにPMを導入したらどうなる?~みんなで地域を盛り上げよう!
Chapter 05 あらためて..PMの概要と活用
Chapter 06 プロジェクトマネジメントなんでもQ&A
Chapter 07 PMBOK(R)第7版の概要



著者紹介

 飯田剛弘(いいだ よしひろ)・・・愛知県生まれ。南オレゴン大学卒業後、インサイトテクノロジー入社。プロジェクトマネジメント協会(PMI)の標準本『プロジェクトマネージャーコンピテンシー開発体系 第2版』の出版翻訳に携わる。外資系製造企業FAROでは、日本、韓国のマーケティング部を立ち上げる。2020年、ビジネスファイターズ合同会社を設立。


 奥田 智洋(おくだ ともひろ)・・・愛知教育大学教育学部卒業。卒業後は富士通のシステムエンジニアとして28年間、トヨタ自動車をはじめとした国内自動車メーカーの基幹システム開発に従事。現在は株式会社アイ・ティ・イノベーションで、シニアコンサルタント。名古屋夢工学研究会主宰


 國枝 善信(くにえだ よしのぶ)・・・東京工業大学理学部物理学科卒業。卒業後は、国内大手SIerで生命保険業、自動車業界、製造業などのシステム開発、保守運用に従事。PMI日本支部でボランティア活動中。PMI日本支部 中部ブランチ運営委員。地域ソーシャルマネジメント研究会 代表(2021年~)


この記事が参考になったと思った方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ブログランキングにほんブログ村


メルマガ[1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』]
3万人が読んでいる定番書評メルマガです。
>>バックナンバー
登録無料
 

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,


コメントする


同じカテゴリーの書籍: