本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法 年収3千万円以上を実現する収益モデルのつくり方」五藤万晶

(2019年3月15日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの知識や経験を、コンサルタントになって大きな稼ぎに変える法~年収3千万円以上を実現する収益モデルのつくり方~

【私の評価】★★★★☆(86点)


■時給5万円にもなるという
 コンサルタントに対して憧れている人も
 多いのではないでしょうか。


 コンサルティング専門の
 コンサルタントである五藤さんは
 「「時給」という考え方自体がダメ」
 と断言します。


 知識を時間で売るのは研修であり、
 仕事の仕組み構築を売るのが
 コンサルティングだからです。


 研修を否定しているわけではなく、
 コンサルタントを目指しながら
 単価の低い研修講演家になっている人が
 多いということなのでしょう。


・「経営の(儲かる)仕組みをつくる指導」がコンサルティング。「担当者への知識提供は能力アップ指導」が研修(p67)


■次は、そうした単価の高い
 パッケージ化された商品を
 いかに売るのかということです。


 理想は紹介で売ることですが、
 まずは自分で販売促進の仕組みを
 作ります。


 例えば、セミナー→相談→商品購入とか、
 出版→資料請求→面談→商品購入とか
 安定した受注を確実にする仕組みを
 作るのです。


・コンサルタントにとって本とは、販促ツールに他ならない(p131)


■こうしたパッケージ化された商品と
 売れる仕組みを意識して作ることが
 大切なのでしょう。


 逆に言えば、意識しないことで
 大きな稼ぎを失っている人も
 多いのでしょう。


 五藤さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「パッケージ化」・・・「売れる商品をつくりだす仕組みづくり」という、根本の部分に焦点を合わせ、社長にも参画してもらいながら、全10回などで、その仕組みの構築を指導する、「パッケージ型のコンサルティング」に組み換えを行った(p30)


・コンサルティングの体系化=パッケージ化・・具体的には、「全8回(標準期間は8ヶ月間)で、貴社に○○の仕組みを構築します」といった内容を提示できるかどうか(p197)


・独自に生み出した営業の組み立て方・・「会員制度を構築する方法」とか「通信販売の立ち上げ」、「ギフト販売の手法」、「歩合給制度づくり」、「業績を伸ばす人事制度の構築」・・・「紹介制度づくり」、「フィットネス事業構築」、「顧客管理の体制」、「土地活用専門」、「高級品マーケティング」、「ユニーク賃貸物件の経営」・・「コンテンツビジネスの立ち上げ」・・(p12)


・「研修」と思われていたため、なかなか引き上げるのが困難だった・・・「仕組みづくりを行う価値」をアピールすることで、価格を2倍以上に引き上げることに成功したのです(p40)


・商品の設定・・・時間当たりいくらは、料金体系であって商品設定ではない(p108)


・「企業へ訪問」するコンサルティングスタイルを・・自分の事務所に来てもらう方式を組み入れることができ、時間的にはむしろ「ヒマになった」(p40)


・「売れていくようにする」ためには、商品をつくって、それを確率論で売れていくための営業を展開していく・・ことに尽きます(p37)


・「先輩(経営者)」と「親族(身内)」・・・頼んでもいないのに、様々に指示やアドバイス、時には命令に近い強制力をもって、あなたが本来進むべき道から、どんどん遠ざけていってしまうことが少なくありません・・良かれと思っての言動だけに、実に厄介なのです(p80)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★☆(86点)


[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 コンサルタント商売なら、年収3千万円以上も夢ではない!
第2章 稼げるようになるための、正しい「コンサルタント像」とは
第3章 繁盛するために絶対に押さえるべき収益モデルの原理原則
第4章 コンサルタント業にまつわる7つのウソ本当
第5章 知識・経験・ノウハウ...を大きなお金に換える具体戦略
第6章 自分の人生を本当に活かす、売れるコンサルタントの道



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: