本のソムリエがおすすめの書籍を紹介するサイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「まんがと図解でわかる7つの習慣」スティーブン・R・コヴィ

本のソムリエ 2019/03/04メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

まんがと図解でわかる7つの習慣 (宝島SUGOI文庫)


【私の評価】★★★★☆(85点)


要約と感想レビュー

 あの有名な「7つの習慣」に、まんがと図解をプラスした一冊です。


 7つの習慣は何かと言えば、
  「主体性を発揮する」
  「目的を持って始める」
  「重要事項を優先する」
  「WinWinを考える」
  「理解してから理解される」
  「相乗効果を発揮する」
  「刃を研ぐ」


 前3つが個人に関係するもので、次の3つが人間関係に関するもの。最後が自己啓発です。


・肉体、精神、知性、社会・情緒の4つの面でバランスよく「刃を研ぐ」必要がある(p219)


 7つの習慣の真骨頂は、主体的であるということでしょう。


 自らの人生の大切なものを考え、それを自分の習慣、行動に落とし込んでいく。それを繰り返すことで、考え方を変え、行動を変え、結果して人格を成長させるのです。


 そこには成長があるのであり、自己否定はないのです。


・人生のリーダーシップをとる・・・リーダーシップとは、目的を考え、そこに到達するために「何をすべきか」を検討して人や自分を導くこと(p109)


 とっつきやすいという点では、ありがたい一冊だと思いました。「7つの習慣」自体は読みにくい、理解しにくいところもありますので、まずこの程度の本から入ってもよいのではないでしょうか。


 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・「こんな小さな仕事は自分に相応しくない」などと思っていたりして、本気を出さない。当然、成果は出ない・・・「どんな小さな仕事でも、誠実にやり遂げれば認めてもらえる」・・このような行動や結果まで影響する物の見方を「パラダイム」という(p49)


・即効性のある解決を求める考え方こそ「問題」・・表面的な問題解決はより深刻な形で再発する・・・問題を解決したいなら、むしろ「自分に問題はなかっただろうか」と疑おう。それが人格主義に基づく考え方だ(p61)


・人がある行動を習慣として身につけるには、「知識」(なぜ必要か、何をするか)、「スキル」(どのようにするか)、「やる気」(習慣にしたい、という思い)の3つの要素が必要だ(p67)


・何でも周囲のせいにする人は「所詮、世の中は変わらない」と考えている。だが、それは違う。行動に対する意識を変えれば、世界の見え方は変わってくる(p92)


・誠実さを高めるために、自分との小さな約束を果たすことを繰り返そう(p107)


・重要事項を優先して行う(p125)


・目標を具体的にスケジュール化する・・・
 1 役割を定義
 2 目標を設定
 3 スケジュールを立てる(p134)


・「理解してから理解される」。理解してもらう前に、まずは相手を理解せよ、ということだ(p168)


・人は誰しもボイスを持っている。生きる使命を見直し、自分のボイスに気づこう(p238)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


まんがと図解でわかる7つの習慣 (宝島SUGOI文庫)
まんがと図解でわかる7つの習慣 (宝島SUGOI文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 19.03.03

宝島社 (2013-01-10)
売り上げランキング: 30,597


【私の評価】★★★★☆(85点)



目次

「7つの習慣」で人生は変わる! ―信頼され、結果を出す人の法則―
[まんが INTRODUCTION] まんがでわかる「スティーブン・R・コヴィー」―スティーブン・R・コヴィーってどんな人?
[Column1] あなたに足りない「習慣」を見つけよう これからの人生の成功確率は?
CHAPTER1 見方を変えれば「問題」も変わる―「7つの習慣」を始める前に理解しておくこと―
CHAPTER2 自分で考え、行動する本当の"大人"になる―自立を手に入れる第1、第2、第3の習慣―
CHAPTER3 仲間と手を取り合い大きな成果を出す―共同作業で成功する第4、第5、第6の習慣―
CHAPTER4 日々、自分の器を大きく育てる―6つの習慣の下地を作る第7の習慣―
CHAPTER5 人生の意味を知り生き方を見出す―自分の真の価値が見つかる第8の習慣―



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: