「甦る零戦 国産戦闘機vs.F22の攻防」春原 剛

|

甦る零戦 国産戦闘機vs.F22の攻防

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


■日米軍事同盟は堅固と考えられていますが、
 米軍が日本の軍事力が強くなりすぎないように
 調整しているのも事実のようです。


 航空機はアメリカから買ってもらえば
 それでいいという考えなのです。


 したがって、技術移転はしませんが、
 日本が独自開発しようとすれば、
 それを阻止しようとするのは当然でしょう。


・なぜ米国はそれまで続けていたアムラームの
 対日禁輸を突然、解いたのか。複数の技本関係者は
 「日本で同レベルのものができると判断した段階で
 それまでの態度を変えて輸出を許可し、
 日本の国産プロジェクトを潰そうとするのは
 米国の常套手段」と口をそろえる(p144)


■そうした複雑な利害関係の中で
 日米同盟はもっとも重要なものでしょう。


 同盟とは屈辱的なことも多いのですが、
 全体としては国家の核心的な
 力の源泉でもあるのです。


 事実関係の記述が多い印象でした。
 春原上さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・田母神はその場の空気など構いもせずに言葉を続けた。
 「尖閣諸島をめぐり、日本と中国が武力で衝突した結果、
 中国が核戦力を日本に使用した場合、
 米国は本当に日本の提供している『核の傘』に基づいて、
 中国に核攻撃を仕掛ける覚悟がありますか?」
 唐突な質問にシュワルツは一瞬の間を置いて、こう返答した。
 「そういうこと(日中武力衝突)が起こらないように
 努力していただきたい・・」(p20)


・最初のF104が四億円だったのに対して、
 次のF4は20億円、さらにその次のF15には
 百億円という価格が付けられていた(p24)


・航空自衛隊のF4稼働率はおよそ80%、
 それに対して、韓国空軍のF4稼働率は
 その半分の40%に過ぎないと言われる(p167)


・OPLAN5055・・・朝鮮半島で軍事作戦に受持する
 米軍の後方支援のほか、数百人規模にのぼると見られる
 北朝鮮武装工作員による日本侵略の阻止・・・
 自衛隊は北朝鮮特殊部隊を「数千人」と想定したが、
 在日米軍は「数百人」と推定。
 最終的に日本側が歩み寄り、この特殊部隊殲滅作戦は
 原則として自衛隊が単独で対処することになった・・・
 陸上自衛隊が財務省主導による
 「定数4万人削減」に対して強硬に反対した
 理由の一つ・・(p214)


・第六世代戦闘機・・大型の無人飛行機
 (UAV)になるというのである(p221)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


甦る零戦 国産戦闘機vs.F22の攻防
春原 剛
新潮社
売り上げランキング: 799,575

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


■目次

第1章 コード・ネーム「心神」
第2章 日米同盟の呪縛の中で
第3章 迷走するF22
第4章 取り残された日本の夢



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)