本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「追及力 権力の暴走を食い止める」望月衣塑子 森ゆうこ

(2019年1月 5日)|

追及力 権力の暴走を食い止める (光文社新書)

【私の評価】★★☆☆☆(65点)


■官邸の記者会見において東京新聞の望月衣塑子記者が
 自分の意見を言うために質問とは思えない質問を
 繰り返していることが批判されています。


 官邸としては東京新聞の望月衣塑子記者の
 こうした質問に制限を
 つけようとしているようです。


 私はこうした変な記者の質問を制限するのは
 やり方としては間違いだと思います。


 逆にどんどんくらだらない質問をしてもらい
 日本国民にマスコミがいかに劣化しているか、
 レベルが低いのか知らしめるほうが
 良いと思うのです。


 そのためには望月衣塑子記者のような人が
 必要なのです。


■笑えるのは、事実に基づかない思い込み、
 感情的な議論ばかりで、批判するばかりで
 自分のことを顧みないということ。


 普通の企業は、一つ間違うと
 会社が消滅してしまうこともあるという
 厳しい中で生きています。


 それに対していかにマスコミが
 いいかげんなのか、誤報に対して
 責任を取らないのか自ら語っています。


 もう少し真実・事実はどこにあるのか、
 真面目に取材、検証してもらいたいし、
 そうでなければ存在する意味は
 ないと思います。


・望月 私は質問する中で感じたのですが、記者って文章で批判したりしても、自分が顔を出して矢面に立ち、結果責任を負うとうのはあまりないんですよね。万が一、誤報をしてしまってもクビになることもないですし(p66)


■裏を取らず、感覚や噂で発言を
 しているところが気になりました。


 本当に東京新聞のプロの記者なのか
 疑問に思います。


 このような人が会社の代表として
 官邸の記者会見に出てくる状況ですから、
 マスコミの暴走ここに極まれりですね。


・望月 加計学園の関係者からは「たぶん安倍さんは2人で何かを食べたり飲んだり遊んだりしているときはほとんど加計さんに出してもらっていると思う」と言っていました(p113)


■マスコミという巨大権力を国民は
 監視していかなくてはならないのでしょう。


 望月さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・諦めない心と継続すること。そう考えると、追求力の根源は「パッション(情熱)」なのかもしれません(p7)


・社会部だと、汚職や金の流れなど、権力の裏側を取材して書くのが仕事ですから、権力を監視するのが大前提なんですね・・・一方で、政治部の記者の中には、権力の側とある意味で一体化することによってネタをもらい、権力者と同じ目線でものを書く人もいます(p74)


・森 東京電力柏崎刈羽原子力発電所に1発でもミサイルを撃ち込まれたらおしまいですよ。北朝鮮にしてみえば、戦争になれば後のことなんて知ったこっちゃないわけだから、そういう可能性もありますよ。それらを冷静に見て、それでもやりますかと。雰囲気だけで「けしからん北朝鮮、けしからん中国、けしからん韓国」とか言って、「北朝鮮なんかやっちまえ」みたいな、そういうムードをあおっているでしょう。ものすごく危険だと思いますよね(p191)


・望月・・テレビ朝日に至っては早河洋会長と安倍さんの関係ができてしまって、姜尚中(かんさんじゅん)さんとか浜矩子さんといった安倍批判をしている方々がことごとく外されるようになりました。20年以上『報道ステーション』を担当していた名物女性プロデューサーが外されたり、コメンテーターだった朝日新聞の切れ味鋭い恵村順一郎論説委員を外したり・・(p93)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


追及力 権力の暴走を食い止める (光文社新書)
追及力 権力の暴走を食い止める (光文社新書)
posted with Amazonアソシエイト at 19.03.10
望月衣塑子 森ゆうこ
光文社 (2018-01-17)
売り上げランキング: 166,514

【私の評価】★★☆☆☆(65点)




■目次

はじめに 「追及力」は記者や政治家だけのスキルではない
序章 私たちの原点
第1章 森友・加計問題の真実を求めて
第2章 権力の暴走を食い止めるために
第3章 問う技術
第4章 「国難」の本質を衝く
終章 出る杭として打たれても
おわりに カッコつけずにストレートに聞く



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: