本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「新聞記者」望月 衣塑子

(2018年5月 5日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

新聞記者 (角川新書)

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


■官房長官の記者会見でのおなじみの
 印象操作を狙った悪質な質問で有名な
 東京新聞の望月記者の一冊です。


 望月記者はすべてを分かっていて
 敢えてやっているプロなのか、
 それとも田嶋陽子のような人なのか
 知るために読んでみました。


 結論としては田嶋さんと同じタイプと
 思われます。もし、そうでなければ、
 優秀な細胞なのでしょう。


・私はといえば、社内外から集中砲火を浴びることも増えた。記者として知りたいことを聞いているだけなのに・・頑張りたいけど意味あるかな・・なぜこれほど叩かれるんだろう・・(p220)


■書籍の内容が事実と仮定すれば、
 そもそもなぜ批判を受けるのかさえ、
 わかっていない。


 さらには天下りで処分され、
 出会い系バーに出入りいていた
 前川前文部科学省次官を
 良い人のように記載している。


 加計学園問題は文科省と獣医師会が暗躍して
 獣医学部の新設を制限していたことが
 諸悪の根源にもかかわらずです。


・加計問題の背後では官邸の人間たちが暗躍しているのは、もう明らかだ。ならば、だれを攻めればいいのか。内閣官房を束ねる菅義偉長官だ(p140)


■そもそもマスコミ自体が
 権力であることを理解していません。


 本質的にいえば、こういう頭の悪い人を
 表に出して言わせている
 東京新聞の責任と言えるでしょう。


 一生懸命で本質が見えない人ほど
 手に負えないものはありません。


 望月さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「菅話法」と呼ばれるようになったが、木で鼻をくくったような態度で定型句を淡々と繰り返し、一方的にコミュニケーションを絶ってくるくる手法にいら立つことは少なくない(p7)


・おかしいと思えば、納得できるまで
 何があろうととことん食い下がる。
 新聞記者として、警察や権力者が
 隠したいと思うことを明るみに
 出すことをテーマとしてきた(p9)


・刑事部の鑑識を務めていたベテランの捜査員から
 こんなことを言われた。
 「頭がいいとか、どこの社とかじゃない。
 自分が新聞記者に情報を話すかどうかは、
 事の本質に関して、その記者がどれだけの
 情熱を持って本気で考えているかどうかだ」(p65)


・こちらもすべてを鵜呑みにせず、裏を取る。
 誤った情報をつかまされても、恨んだりしない。
 嘘をつかれたほうが悪い、
 と思うようにしてきた(p81)


・出会い系バーに通ったことを
 「視察調査」と表現したのはちょっと
 仰々しかったと、前川さんは
 何ともあっけらかんと笑った。
 「探検と言えばよかったかな」 
 出会い系バーで話をした女性のなかには、
 高校卒業資格をもっていないケースも
 少なくなかったという(p131)


・森友学園の籠池泰典前理事長が当初はなぜ
 安倍首相に心酔し、建設していた小学校を
 一時は「安倍晋三記念小学校」と命名
 しようとしたのか(p137)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


新聞記者 (角川新書)
新聞記者 (角川新書)
posted with Amazonアソシエイト at 18.05.23
望月 衣塑子
KADOKAWA (2017-10-12)
売り上げランキング: 17,615

【私の評価】★★☆☆☆(62点)



■目次

第1章 記者への憧れ
第2章 ほとばしる思いをぶつけて
第3章 傍観者でいいのか?
第4章 自分にできることはなにか
第5章 スクープ主義を超えて



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: