「人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問」河田 真誠

| コメント(0) |

人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問

【私の評価】★★★★☆(80点)


■著者は起業家として成功し、
 年収も増え続ける中で、
 離婚を経験しました。


 一人での人生は
 自由で楽で楽しいと
 考えていたのです。


 離婚してみると、
 収入と自由は十分ありましたが、
 そこに自分の求める幸せは
 ありませんでした。


 どうしてそうなってしまったのか。


 著者の結論は、
 自分の心が分かっていなかった、
 ということです。


・自分の心と対話をするための
 一番のオススメは、
 自分に質問することだ(p32)


■どうして自分の心が
 わからないのかといえば、
 自分を押し殺しているから。


 押し殺して生きているうちに、
 自分の気持ちがわからなくなって
 しまうのです。


 この本では、質問に向かい合い
 自分の心を感じる訓練をします。


 すぐには素直になれないかも
 しれませんが、
 少しずつ進むしかないのです。


・あなたは「今、何を感じている?」と聞かれて、
 すぐに答えられるだろうか。・・・
 なぜ答えられないのか。その理由を考えたい。
 1つは、自分を押し殺してきたということがある(p60)


■人はこうして自分の心と向き合う
 時間が必要なのだと思いました。


 それは遅すぎるのでもなく
 早すぎるのでもなく
 気づいたときが
 やるべき時なのです。


 河田さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「みんなと一緒」は楽だけど、
 自分をどんどん失っていく(p14)


・「やめたいこと」を思い浮かべると
 未来が変わる(p76)


・まずは、いらないものを捨てること。
 捨てると余白ができ、
 受け取ることができる(p79)


・今日は、どんな一日にしようか?
 幸せは待っていてもつかめない(p206)


・僕は会社を大きくすることをやめ、
 ひとりで再起業し、
 自分がやりたいことだけを、
 気の合う仲間とやるという
 働き方にシフトして約10年。
 僕は自分なりの幸せを
 やっと手に入れた(p18)


・カエルの子はカエル。最高のカエルになろう・・
 自分を理想に近づけることはできるが、
 残念なことに限界がある(p132)


・僕は、「人生でもっとも大切なことは何?」
 と問われたら、迷わず
 「納得して生きること」と言う(p47)


・もし2ヵ月間の時間と十分なお金があったら、
 何をして過ごしますか?(p100)


・10年後、どうなっていたら最高だろう?(p101)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


人生、このままでいいの? 最高の未来をつくる11の質問
河田 真誠
CCCメディアハウス
売り上げランキング: 36,620

【私の評価】★★★★☆(80点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 人生の地図を手に入れよう
第2章 人生は質問でできている
第3章 最高の未来をつくる11の質問
第4章 あなたの人生をつくっていこう



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)