本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「戦略課長」竹内 謙礼、青木 寿幸

(2018年7月12日)|

戦略課長 (PHP文庫)

【私の評価】★★★★★(90点)


■会社から新規事業を立ち上げるよう
 指令された女性課長が
 ロボット取締役とカバン事業を
 立ち上げるストーリーです。


 事業の戦略と計画立案から
 『正味現在価値』の計算の考え方、
 そして資金調達までざっくり
 起業の雰囲気を味わえます。


 なんでロボットなの?
 といういい加減さが難しい理論を
 分かりやすくしているのでしょう。


・事業計画を作るときには、すべての可能性を検討しなくてはいけない・・予算という制約だけで、その選択肢を潰してしまうのは、おかしな話だ(p46)


■面白いところでは、
 脱線して不動産投資や株式投資など
 投資一般にも話が飛ぶところ。


 株式にしろ不動産にしろ
 世の中そんなに美味しい話は
 ころがっていません。


 そうした中でいかに
 利益を上げていくかという世界ですから
 プロになれるレベルで勉強し、
 行動する必要があることがわかります。


・不動産投資には、株と比べて、ひとつだけ大きなメリットがあるんだ・・・自分の努力で、不動産の価格自体を上げることができるってことだ・・外壁を塗り直して、キッチンやトイレを入れ替えるだけでも、全然、違う(p320)


■事業投資についての
 基本が楽しみながら学べる
 よいビジネス小説だと思いました。


 こうした本なら
 多くの人が手にしてくれ
 投資の基本を知ってくれそうです。


 竹内さん、青木さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・広告は出してから効果があるまで、絶対に3ヶ月以上はかかるもんなんだ。1年目から5000個を売るためには、知名度もない革カバンのお店が、オープン初日から365日、2万円の革カバンを1日平均14個も売らなければいけない。この話のどこが現実的なんだ?(p84)


・他の新規事業がどのくらいの収益率になるのかは、わからないはずだ。だから、ここでは、革カバンの競合会社の収益率を使って、割り引くことになる(p80)


・10%で、『正味現在価値』を計算しました・・もしかして、株主が、革カバンの事業に期待するリターンは10%ですか?(p244)


・ポートフォリオによって、株の組み合わせを増やしても、削減することができないリスクを、『市場リスク』と呼ぶんだ・・・個別の株の市場リスクが分かれば、それに比例する"投資家が期待するリターン"も計算できることになる(p218)


・まずは、上場したいという『こころざし』を強く持つことが重要だ・・それで、次に、新会社が上場するための具体的な数値目標を設定・・(p258)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


戦略課長 (PHP文庫)
戦略課長 (PHP文庫)
posted with Amazonアソシエイト at 18.07.11
竹内 謙礼 青木 寿幸
PHP研究所 (2014-01-08)
売り上げランキング: 76,521

【私の評価】★★★★★(90点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]




にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


この著者の本 : , , ,



同じカテゴリーの書籍: