「創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか」グロービス経営大学院

| コメント(0) |

創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■長寿の会社を分析した一冊です。


 調べることで一定のことは
 わかるかもしれませんが、
 やはり中に入って働いてみたいもの。


■何百年と続き企業には、
 伝えるべきものがあります。


 それをうまく伝えてきた、
 時代に合わせて変えてきた、
 ということなのでしょう。


 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・月桂冠は、杜氏の手で冬季にしか造れなかった
 日本酒を、日本で初めて四季醸造システムを
 備えた酒蔵を完成させ、年間雇用された社員が
 高品質な日本酒を安定的に造る体制を確立しました(p60)


・工場や建設業の現場では、
 神棚を祀って毎朝欠かさず
 安全祈願を行っている光景を
 目にすることが多い・・(p129)


創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか
グロービス経営大学院
東洋経済新報社
売り上げランキング: 73,316

【私の評価】★★★☆☆(71点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 三〇〇年長寿企業―武士の時代から続く日本企業
第2章 顧客価値を提供し続ける
第3章 身の丈経営を実践する
第4章 価値観をつなぐ
第5章 日本型サスティナブル企業の経営を下支えする三つの要素


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)