本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「不完全なまましあわせになろう! なんでも仙人流 悩みゼロの教え」みやがわみちこ

2015/10/16本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

不完全なまましあわせになろう!  なんでも仙人流《悩みゼロの教え》

【私の評価】★★★★☆(89点)


■仙人の教えは、不完全で大丈夫、
 少しずつ、良くしていこう
 というものです。


 なぜなら、この世に完璧な人は
 存在しません。


 良い点もあれば、
 悪い点もある。


 だれもが不完全な中で、
 より良くなろうと
 努力しているわけです。


自分の特徴を知り、自分とうまくつきあいながら、打てる対策があったら打つ。これだけでいいんじゃよ(p28)


■そうした不完全な人間があふれる
 世の中には、ときどき
 人を責める人が現れます。


 不完全な人が、より不完全な人を
 許せないのです。


 それは、その人の
 「自分はこんなにすごい。認めてほしい」
 という心の叫びなのです。


 かわいそうな人であり、
 そうした人からは逃げましょう。


・自分のことを認めている人は、人のことをダメ出ししたりしない。・・・口では『お前はダメなんだから』って言ってるけど、本当に心で叫んでいるのは、『認めて!』って言ってるんじゃよ(p161)


■仙人は自分の心の声を
 聞きましょうと言っています。


 でも長年、自分の心の声を
 封印してきた人には、
 心の声がなかなか分からないもの。


 それでもいいんだよ、
 ゆっくりやっていこう、
 というのが仙人です。


 みやがわさん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・たくさんの本を読んでも、いざ、日常の中で使えるか・・・?っていうと、なかなか難しいんじゃよなぁ~。・・結果を気にするのではなく、『これが最善の愛だ』と思ったことを、やっていけばいいんじゃよ(p232)


・『十回中一回でもできたら、大成功!』と思っていたら、ずいぶんと心が軽い。一回できたことを喜んであげていると、できる回数が二回、三回と増えて行くんじゃよ(p4)


・わたしはクセ毛が嫌でしかたがありませんでした・・「毛がなくなってから、愛おしく思う。・・ それからでも遅くはない(笑)」(p5)


・自分の心の声を封印してきた人は、すぐに自分の心の声を表現することができない・・何がしたいのか?どうしたいのか?分からなくても、自分を責めなくていいんじゃよ。ゆっくりゆっくり心をほどいて、安心できる時に、少しずつ自分を出していけばいいんじゃよ(p156)


・どんな感情を抱いても、感情自体は悪くない・・自分を責めるのではなく、「あぁ、自分はこう感じたんだなぁ」と、自分の心に寄り添ってあげてごらん?(p196)


・悲惨な出来事を前にしても「自分はどう生きたいか?」だけを考える(p202)


・矛盾のある自分を責めるなかれ。しょせん矛盾は出てくるんじゃよ。・・『~しなければ・・』という想いからではなく、『楽しいからやる』『自分はこれが好きだからやる』(p213)


・人生におけるすべての決断は、許される・・(p248)


・『依存される関係はもうやめた!」と決めた時に、『依存する側・される側』の課題が外れ、つながる現実が変わる・・・(p102)


不完全なまましあわせになろう!  なんでも仙人流《悩みゼロの教え》
みやがわみちこ
ヒカルランド (2015-10-14)
売り上げランキング: 1,160

【私の評価】★★★★☆(89点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

はじめに第二弾もさらに心軽~く笑いも全開!
 現実が面白いように好転するとっておき真実の教え"

第一章欠点があっても魅力的に大変身!
 不完全なまましあわせになれる究極の方法

第二章 笑いは最強の開運パワー!
 笑いを創りだせれば自然に宇宙とつながる

第三章 実例をもとに無数の並行現実から、
 高い波動の現実につながるシンプルな方法

第四章 「大転換期に転生してきた魂のQ&A」
 宇宙意識をもつ子どもたちとどう向き合うか

第五章 信頼のステージへレッツゴー!
 子どもに100%伝わる最上級の愛の法則

第六章 いい・悪いを超えた世界とは! ?
 ものごとをありのまま観る《ゼロの教え》

第七章 もっと心に問いかけを!
 自分の「神域」とつながれば答えは見つかる


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: