本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「社員を動かす社長のカリスマ仕事術」マイケル・マスターソン

本のソムリエ 2015/08/31メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

社員を動かす社長のカリスマ仕事術


【私の評価】★★★★☆(89点)


社員を動かす社長のカリスマ仕事術
マイケル・マスターソン、ダイレクト出版


要約と感想レビュー

 アメリカでうまくいっている社長の仕事術です。印象としては、人を動かす基本をしっかり押さえているということです。


 キーパーソンに根回しをする。ワーキングチームを作る。期限を決める。月ごとに進行をチェックする。社長のノウハウは、組織を動かすノウハウなのです。


・最善の判断を見極め、該当部門の中心となる実力者にそれを受け入れさせる・・・"ワーキングフォーラム"を作ることに取り組めばうまくいくだろう(p27)


 もちろん、組織には一部に動いてくれない人がいます。そういう人の意見が建設的な意見であれば、仕事に反映すればいい。しかし、個人的な不平不満は相手にしないことだと言います。


 指示を実行するのが、従業員の仕事であり、それができないのであれば、異動かクビとなることを知ってもらえばよいのです。アメリカ的というより、中小企業ではこうした規律が必要なのでしょう。


・どこの職場にも問題のある従業員が1人はいる・・・この絶え間なく不平を言う人間は、・・便宜を図ってやればやるほど、依存がひどくなる。・・リーダーの仕事は従業員の問題に同情することではなく、従業員に成果を求めてそれを得ることである・・従業員が与えられたチャンスを使い果たしたら、彼をまだ信じている人の部署へ移動させるか、クビにする(p255)


 配慮と厳しさのバランスが大切であると感じました。何度も起業を経験した現役経営者だからこそ、こうした実践的な話ができるのでしょう。


 マスターソンさん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・どんな意思決定においても最初にすべきことは、状況を評価し、それをあらゆる角度から検討する・・有効なのは期限を設けることだ・・・(p59)


・私たちは、特定のキーパーソンの支持が得られれば一般社員は後についてくることを知っている・・(p100)


・アイデアを売り込みプロセスのどこかで、思いがけない反論や意見に出会って驚くことがある・・想定外の反論や意見を受けたら・・・質問者の聡明さを褒めるのだ・・・(p114)


・プランを実行に移す良い方法がある。日程表を持ってきて、個々の複雑な任務に設定した中間期限を書き留める。そのリストを自分の月ごとのTODOリストでローテーションさせると、プロジェクトの進行に従って、絶えずチームを追いたてることができる(p123)


・ダメな従業員をトレーニングするのはムダである(p225)


・優れたビジネスリーダーは、従業員の中から、多くの仕事をする者、頭が良い者、懸命に働く者、配慮に優れた者を探し出し、彼らに他の者とは違う重要な責任を割り当てる(p233)


・かつて、ある人に、嫌なことは必ず相手に直接伝えるべきだと言われたことがある・・・本人に聞かれたくないことは、メールに書いてはいけない(p249)


・"3回繰り返し"のルール・・・これから話すことを伝え、実際に話し、話したことをまとめる(p186)


社員を動かす社長のカリスマ仕事術
社員を動かす社長のカリスマ仕事術
posted with Amazonアソシエイト at 15.08.30


売り上げランキング: 21,571


社員を動かす社長のカリスマ仕事術
マイケル・マスターソン、ダイレクト出版


【私の評価】★★★★☆(89点)



目次

PART1 リーダーの条件
PART2 率先垂範
PART3 コミュニケーション・スキルの向上
PART4 日常のリーダーシップ


著者紹介

 マイケル・マスターソン(Michael Masterson)・・・年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社が2社、10億円以上の会社を10社以上保有、ダイレクト・レスポンス・マーケティングの世界で屈指の実積を誇るスーパー起業家。45万人の会員を誇るメールマガジン「Early to Rise」の発行人でもある。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: