「「言葉」を「お金」に換える文章術」高橋フミアキ

|

「言葉」を「お金」に換える文章術

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■文章スクールを主催されている
 高橋さんの一冊です。


 この本における文章とは、
 売るための文章。


 イメージとしては
 ブログやメルマガ、
 ニュースレターといったものです。


・文章テクニック4
 60文字以内の短文で書く(p120)


■大きな流れとしては、
 情報を提供して
 見込み客を集める。


 そして、商品を紹介して
 買ってもらう。


 これらはすべて
 文章を通じて
 行われるのです。


 (最近は動画や音声セミナーもありますが・・)


・ベネフィット型構成法
 1 予告する
 2 ベネフィットを言う
 3 あおる(p150)


■標準的な文書テクニックだと
 思いました。


 入門書としては
 参考となるのではないでしょうか。


 高橋さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・広告は一瞬で消えるけど、
 コンテンツは財産として残る(p22)


・とにかく自分が本当にやりたい分野を
 決めればいいのです。
 好きな仕事をするのが一番ですから、
 それを専門にすればいいのです(p48)


・文章テクニック1
 数字を入れる(p96)


・「驚き」は口コミに乗って
 どんどん広がっていくのです(p103)


・無駄な言葉を削除する・・
 1 意味が重複する場合は削除する。
 2 使い古された比喩は使わない
 3 程度や状態をあらわす副詞は使わない。(p128)


・・了解しました。
 ・承知しました。・・
 了解という言葉の意味は、
 目上の者が内容や事情を理解して
 認めたり許可したりすることです(p79)


「言葉」を「お金」に換える文章術
高橋フミアキ
ぱる出版
売り上げランキング: 61,868

【私の評価】★★★☆☆(70点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 なぜ文章力があればビジネスがうまくいくのか?
第2章 文章力がなくて失敗した起業家たち
第3章 お客様の共感を得るための文章術
第4章 見出しに使えるキャッチコピー術
第5章 これだけは外せない3つの文章テクニック
第6章 少し長めの文章を書くときの文章テクニック


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)