本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「同和と暴力団 公金をしゃぶり尽くした日本の闇人脈」一ノ宮 美成

(2015年4月25日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

同和と暴力団 公金をしゃぶり尽くした日本の闇人脈 (宝島SUGOI文庫)


【私の評価】★★★☆☆(71点)


■大阪の人は普通に話しているだけで
 東北人には怖く感じることがありますが、
 暴力団、同和団体などはもっと怖いようです。


 国の同和対策予算を暴力団が同和組織を
 乗っ取って、公金を手に入れる仕組みとして
 利用してきたのです。


・東大阪市の同建協加盟業者「八興建設」は、三代目山口組直参・中川組の中川猪三郎組長が、同和対策事業の受け皿として設立したものだった・・同社は78年11月、社屋を、東大阪市に専修職業訓練学校用地として買い取らせ、その代替地として約400坪の私有地を1億2000万円で入手。即日、大手マンション業者・朝日住建に転売し、一億円の利ざやを稼いだ(p130)


■公共事業は手続きさえ正しければ、
 問題となることはありません。


 役人の天下りを斡旋したりしてアメを与え、
 言うことをきかない役人には
 暴力団が得意の圧力を加えればよいのです。


 書かれてある内容は
 だれもが知っているのでしょうか?


 一ノ宮 さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・山口組が今日、日本最大の指定暴力団になり得たのは、主として同和地区の劣悪な生活環境改善を目的に、1969年から2002年3月末まで施行された同和対策事業特別措置法(同特法)・・この法律によって、旧同和地区に投入された総額約15兆円もの巨額の同和対策事業費に目をつけ、勢力拡大のための資金源にしてきた(p4)


・部落解放同盟が資金源獲得のために設立した直轄組織、旧「同和建設教会」の会員に、少なからぬ数の現役暴力団組長や構成員が加わってきた・・「山口組が同和地区を乗っ取った」(日弁連民暴委員会幹部)と指摘される所以である(p4)


・(橋下徹氏の実父の)弟は、安中で水道工事会社をやっていたが、いまは倒産してない。この水道工事会社は実は橋下知事(当時)の実父が段取りして設立した会社や。(実父は)大男で暴れん坊だった。土井熊系津田組の三羽ガラスといわれたほどの男やった。実父は"ビキ"と呼ばれとった。三人とも在日やった。暴力団の組員という立場上、名前を出せなかったんで、弟に会社をやらせていたんや(p21)


・松本龍氏は、唯一人の部落解放同盟組織内候補の国会議員です・・松本前大臣は、治一郎氏が創業したゼネコン「松本組」の筆頭株主だが、ほかにも、りそな銀行の株、ゴルフ会員権、数年前までは東京・六本木にも土地と建物を持っていた・・「同和貴族」の生活を満喫してきたのが実情だ(p48)


・ヤクザといえば、先に触れた松本龍婦人の姉が、九州最大級の指定暴力団である工藤會(北九州市)の最高幹部と数年前に結婚していたことが注目されている(p60)


・丁順子とは、豊中市に自宅があった金田三俊の同居人、内縁の妻である。その金田三俊とは、実は構成員260人の山口組直参暴力団・金田組の組長で、小西被告は同組の幹部組員でもあった・・・小西被告が自ら飛鳥地区の同和住宅に入居しながら、奈良市内の高級住宅地に白亜の豪邸を所有・・同和住宅に部外者を不法入居させ、入居者から30万~50万円を徴収するなど、同和対策事業をくいモノにしていた(p79)


・小西被告は、自己に従順な職員には、定年退職後も天下りポストを与えるが、意に反した職員については執拗に怒鳴りつけるなどしていたとういう。アメとムチを使って、人権文化センター職員を支配してきた(p100)


・ライトプランニング事件・・・大阪市が計画した開発プロジェクト予定地を、「ライトプランニング」という暴力団がらみの地上げ業者が、旧三和銀行や松下電器の子会社「ナショナルリース」、さらに「阪急電鉄」の子会社などの資金提供を受けて、次々と買収し・・ゼネコン大手の「鹿島」などにすぐに転売し、巨額の利潤を手にしていたという事件(p109)


・丸尾勇被告は、「同和」「人権」団体代表という顔とは別に、山口組系有力組織、山健組系健竜会(約1000人、神戸市)の相談役という強面の顔を持ち、地元建設業者の間では公共事業の仕切り役として知られていた・・民間委託が決まっていた市立安中東保育所の移管先を、自分が評議員を務める市内の社会福祉法人「虹のかけはし」にするよう、再三、市の担当者に迫っていた(p153)


・同和系建設業者・・海原建設のあこぎな蓄財法・・・70年に、「羽曳野市立と畜場」新設工事・・ありもしないヘドロ除去費を水増しし、約2100万円を手にしたといわれている。73年には、豊中市開発公社に、買取価格の2.5倍で池を売りつけ、数ヶ月間で2億2000万円も利ざやを稼いでいる(p142)


・同和減免とは、同和対策事業の一環として、自治体が同和地区住民の不動産取得税を半分にしたり、固定資産税、都市計画税などを三分の一に免じてきたことを指す・・暴力団と関係のある解放同盟支部幹部が大手業者と癒着し、"泣く子も黙る"「同和」の名刺を持ち歩いて行政当局に開発許可を迫ったり、公共事業を受注したりした例も数多い(p133)


・「平成管財」の名前が知られるようになったのは・・通天閣の足元にできた都市型遊園地「フェスティバルゲート」が、04年9月、390億円の赤字を抱えて破綻したのが発端である・・破綻の最大の要因は巨額の警備費用だった。開業当初の警備費は、年平均24億円。収入を上回る額で・・この警備を請け負っていたのが、ほかならぬ「平成管財」だ。同社の監査役には06年7月まで中山正暉・元自民党衆議院議員が就任。その前の監査役には、大阪ミナミのドンと言われている先の岡山・大阪市人権協会副会長、さらに暴力団・池田組元幹部である西尾求・元解放同盟荒木支部長が就任していたという・・なんと大阪府警ナンバー2の高橋康夫元総務部長が、役員として同社に天下りしているのだ(p122)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


▼引用は、この本からです。

同和と暴力団 公金をしゃぶり尽くした日本の闇人脈 (宝島SUGOI文庫)
一ノ宮 美成 グループ・K21
宝島社 (2012-01-13)
売り上げランキング: 110,868


【私の評価】★★★☆☆(71点)



■目次

第1章 名声と富と暴力の地下水脈
第2章 山口組人脈と同和マネー
第3章 エセ同和の極悪事件簿
第4章 差別をカネにかえた闇紳士
第5章 同和人脈につらなる闇事件史



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: