「1分間アドラー」桑原 晃弥

|

1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則 (1分間シリーズ)

【私の評価】★★★★☆(80点)


■アドラーとは100年も前の
 心理学者です。


 その考え方は、現代の成功法則に
 とても似ています。


 たとえば、幸せになるためには、
 ないものを求めるのではなく、
 あるものを活用する。


 自分の可能性を
 最大限活用するということです。


・大切なのは何が与えられているかではなく、
 与えられているものをどう使うかである(p100)


■また、他人の心を理解し、
 他人のために配慮することは
 生きていくうえで大切なことです。


 ただ、
 他人を意識しすぎると、
 他人に人生を支配されてしまう可能性もある。


 そのバランスが
 自分の人生のためには
 大切なのでしょう。


・人生をどう生きるかの決定権は自分にある。
 だが、他の人を意識しすぎると、
 その決定権を他人が持つことになってしまう
(p87)


■これが心理学なのかな?
 と不思議な感覚でした。


 幸せは心の中にあり、
 幸せになるための学問が
 心理学なのでしょう。


 桑原さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・誰かが始めなければならない。
 他の人が協力的でないとしても、
 それはあなたに関係ない。
 あなたが始めるべきだ(p19)


・夢を見て熟考している間に、
 時は過ぎ去るのである

 しかし、時が過ぎてしまうと、
 せいぜい彼には今や自分ができたことを
 示すよい機会はもはやないという
 言い訳しか残っていない(p39)


・いかなる経験も、
 それ自体では成功の原因でも
 失敗の原因でもない(p45)


・何でも最初は大変だ。
 でも、しばらくするとうまくできるようになる。
 集中し、忍耐し、何でもいつも
 お母さんがしてくれると期待してはいけない。
 他の人が君より上手だからといって
 心配してはいけない(p79)


失敗は勇気をくじくものではなく、
 課題として取り組むべきものだ(p118)


・社会制度が個人のためにあるのであって、
 個人が社会制度のために
 あるのではありません(p164)


1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則 (1分間シリーズ)
桑原 晃弥
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 40,979

【私の評価】★★★★☆(80点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 人生は難しくない[アドラー心理学とは]
第2章 性格は変えられる[ライフスタイル]
第3章 人間関係は温かい[三つの課題]
第4章 劣等感は解決できる[人生戦略]
第5章 希望はかなえられる[努力と優越]
第6章 失敗は罰せられない[目的論と楽観主義]
第7章 心はもっと成長する[勇気づけ]
第8章 理想は実在する[共同体感覚]
第9章 自分らしさを貫く[アドラーの生き方]


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)