「何を話せばいいのかわからない人のための雑談のルール」松橋 良紀

|

何を話せばいいのかわからない人のための雑談のルール (中経の文庫)

【私の評価】★★★★☆(88点)


■著者は、カウンセラー養成講座で
 心理学を学び自分の
 コミュニケーション力を改善しました。


 そうしたら、
 営業マンとしての月収が
 20万円から100万円に増えました。


 それまでいかに自分本位の
 営業をしていたのか、
 養成講座で学んだのです。


 いかに自分本位の話し方を
 していたのか、ということです。


部下との雑談の機会はなるべく
 増やすようにしています。それから、
 時間があれば現場に行って社員と話し、
 夜は一杯飲むようにしています(p39)


■仕事にしろ営業にしろ、
 基本は人間関係の構築なのです。


 人間関係ができていなければ、
 仕事を依頼されても
 理由をつけてやらない。


 人間関係ができていなければ、
 営業をかけられても
 買うはずもないのです。


・人間関係が構築されていないと、
 こんなにもスッパリと冷酷に断ることが
 できるものなんだなあ(p165)


■人間関係を構築するためには、
 雑談により自分という人間を
 知ってもらうことが必要だと分かりました。


 そして、相手という人間を
 知ることも重要。


 そうした関係がなければ、
 なにも始まらないということです。


 松橋さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・雑談が苦手な人・・・準備が足りない・・
 あなたは、ネタ帳を持ち歩いていますか?(p54)


・雑談の話題としてよく使われる定番ネタ・・
 天気・気候の話・・
 趣味の話を話題にしよう・・
 ニュース 友人の話 家族の話 健康関係・・(p60)


・名刺をもらったら、連想ゲームのように、
 同じ名前の有名人や、似ている知人をイメージしながら・・
 覚えるまえで何度もその人の名前を呼んで
 話をするのがポイントです(p66)


・相手の気分を簡単に明るくする方法・・
 旅行の話や学生時代の話などは、
 雑談を楽しく盛り上げる有効なネタ(p71)


・あなたを印象づける別れ際の一言とは?・・
 「今日のお話は大変勉強になりました!
 ありがとうございました!」
 「またお会いできるのを楽しみにしております!」(p83)


困った時には質問返し!・・
 「この始末、どうしてくれるんだ!」・・
 「申し訳ありません。どう対応するのが
 適切でしょうか?」(p99)


・出来事や情報を語るだけの雑談ではなく、
 「自分はどう感じたか」
 「何を思ったのか」
 自分の体験と感情を語る雑談を心がけましょう(p143)


・「余計な話はいいからすぐに本題に入れ」
 という空気を作り出すお客様も多くいます。
 ところが、実はこのようなお客様ほど
 ベテラン営業は売りやすい人だと判断します。
 なぜなら、押されると断れない人なのです(p33)


・さっさと帰らずに雑談
 じっくりするようになったら、
 解約されることが極端に減りました(p175)


・他人の評価のために生きていませんか?・・
 「特別な努力をしていない、ありのままの
 自分でもOK
だ」という、自分自身を
 受け入れることから始まります(p203)


何を話せばいいのかわからない人のための雑談のルール (中経の文庫)
松橋 良紀
中経出版
売り上げランキング: 124,726

【私の評価】★★★★☆(88点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


■目次

Chapter1 雑談はなぜ必要?
Chapter2 雑談の基本を身につけよう!
Chapter3 雑談の応用技術
Chapter4 雑談を盛り上げる聞き方の技術とは?
Chapter5 ビジネスで使える雑談の技術
Chapter6 雑談上手になるためのメンタルテクニック


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)