本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「課長」から始める 社内政治の教科書」高城 幸司

(2014年12月30日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

「課長」から始める 社内政治の教科書

【私の評価】★★★★★(94点)


■著者は、経験から正論がかならずしも
 社内で通るわけではないと言います。


 だからこそ、自分の正論を通すためにも
 社内政治に通じていなくてはならない。


 人間が作る組織で、
 政治・・人間関係から
 逃げることはできないのです。


 この人の言うことなら、
 協力しようという人を
 増やすということです。


定期的に報告・相談する機会を設けるといいでしょう・・
 こまめな報告を好む上司であれば
 1週間から2週間ごとに・・(p201)


■まず課長のするべき基本は、
 自分の部下を掌握すること。


 それは部下に迎合する
 ということではありません。


 経営側に立っているという原則を守り、
 部下の意見を受け止め、
 ではどうしたいのかと問いかける。


 仕事で結果を出すことでしか、
 部下の信頼を得ることは
 できないのです。


・部下を「味方」につけようと、
 迎合するようなことは絶対にしてはいけません。
 それをした途端に、
 部下はあなたを軽く侮るようになるだけです。
 それよりも、とにかく「結果」を出すことです(p155)


■課長になれば、
 周囲からは限りない要求が出てきます。


 それをすべてやっていては
 やりきれないし、
 品質も低下してしまう。


 そうした交渉にも
 政治力が必要とわかりました。


 高城 さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・課長は、現場仕事の競争からは降りて、
 部下同士を競わせることで、
 影響力を相対的に強めることができるのです(p162)


・部下の批判に同調するのはもちろんのこと、
 不用意に経営陣を擁護するのも避けたほうがい・・
 すみやかに建設的な会話に持ち込むことです。
 たとえば、「じゃ、どうしたらいいと思う?」(p142)


・「自分は経営側の人間である」という
 タテマエを絶対に崩さない・・・
 部下が経営批判を口にしたときは、
 その正否は問わず、まずは
 受け止めてあげることです(p142)


・求心力のある管理職には共通点があります。
 それは「部下をよく知っている」
 ということです(p145)


・悪い情報ほど早く報告することを
 徹底してください。
 絶対に上司を驚かしてはいけません(p200)


・相手があなたの「善意」を利用しようと
 しているだけなのかどうか・・・
 単なるエゴイストであれば、
 その人物とは適切な距離をとるのが賢明です(p60)


・僕はいつもできるだけ議論は避けるんですよ。
 教えを乞うたり、バカなふりをしたり・・
 ちゃんと準備していれば、相手を自分の思うように
 誘導することはできますよ(p76)


・「敵が友となる時、敵を滅ぼしたとは言えないかね?」
 これは、リンカーンが遺した言葉です(p269)


・政治に勝とうが負けようが、
 人生においてはたいした問題ではない(p282)


「課長」から始める 社内政治の教科書
「課長」から始める 社内政治の教科書
posted with Amazonアソシエイト at 14.12.29
高城 幸司
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 955

【私の評価】★★★★★(94点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


■目次

第1章 社内政治は「影響力のゲーム」である
第2章 おしゃべりに政治の巧い者はいない
第3章 リアリストしか生き残れない
第4章 部下を掌握する
第5章 上司を攻略する
第6章 課長のために派閥「学」
第7章 「政治」に勝つより大切なこと


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: