「賢い人ほど失敗する―要領が悪い人でも成功するヒント」高原 慶一朗

|

賢い人ほど失敗する―要領が悪い人でも成功するヒント

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■紙おむつのユニ・チャームを
 世界企業にした創業者高原さんの一冊です。


 高原さんが言いたいのは、
 要領が悪くても、才能がなくても
 一歩一歩成長しようということ。


 だれでも最初は初心者です。
 どれだけ進歩できるかが、
 面白いところなのでしょう。


・どんな分野でもいい。
 あなたが郵便配達の仕事をしているなら、
 郵便配達人として、とことん「本物」を
 めざすことが大切です。
 目の前の現実に最大限の努力をして、
 その分野で第一人者をめざす(p37)


■ただ、他人と比べると、
 凡人は落ち込んでしまいます。


 だから、昨日の自分と比べる。


 昨日より、少し進歩したじゃないか。
 去年より、少しよくなった。


 それを続けていくだけで、
 で十分ではないでしょうか。


・比べるなら、過去の自分と比べるべきです。・・
 「他人比」ではなく、「昨日の自分比」を
 成長のものさしにしたほうが人は
 健全に伸びていけるからです(p75)


■世の中には、
 できない人を親切心から
 変えようとする人がいます。


 できない人の気持ちがわからないから、
 そうなってしまう。


 だから、
 そうした人に心を悩ませる
 必要はありません。


 落ち込むことなく、
 自分を一歩一歩、成長させれば、
 いずれうまくいくことでしょう。


 高原さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・なぜ努力する人としない人がいるのでしょう。
 私は、これは唯一「人生」を
 どう考えるかではないかと思います(p2)


・鋭さは同時にもろさでもある。
 長所を過信しないのと同時に、
 欠点を意識しすぎないことが大切。
 弱点は強さへの契機ともなる。
 欠点が魅力的に見える人間になろう(p110)


・素直は人間最良の徳性。
 素直が人を強く聡明にする。
 悩むべきときには悩めばいい
 迷うときには大きく悩め。(p102)


・この世のどこかに、
 楽しい仕事があるわけではない。
 苦しい仕事を楽しくやれるかどうかだ(p64)


・失敗を失敗のまま放置したとき、
 失敗が失敗として確定してしまう。
 失敗してもチャレンジすれば、
 いつも成功の過程にいられる。
 成功するまで続けることが成功のコツ。(p72)


・周囲の協力なくして
 いい仕事はできない。
 理解、納得、共感、信頼、期待
 相手の心に抱かせて、
 人の協力を得る要求力を身につけよ(p92)


・現地、現場、現物、現品、現状、現実。
 これらの「現」を忘れたり、おろそかにしたり、
 無視したビジネスというのは、リアリティを失って、
 やがて失速してしまいます(p139)


賢い人ほど失敗する―要領が悪い人でも成功するヒント
高原 慶一朗
PHP研究所
売り上げランキング: 190,529

【私の評価】★★★☆☆(75点)



■目次

第1章 日々自分を変えて人生を素直に生きる
第2章 自分が選んだ仕事に全力を注いで生きる
第3章 人生の節目を意識し五つの年代を充実して生きる
第4章 厳しさと達成感の繰り返しでリーダーとして生きる
第5章 人間好きとして人と人との間で生きる
第6章 歴史観・世界観・人物観をふまえながら生きる


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)