「売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法」佐藤啓二

| コメント(1) |

売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法

【私の評価】★★★★☆(85点)


■宮城県仙台市の奥座敷。
 秋保(あきう)温泉に
 スーパー「さいち」があります。


 仙台駅から車で30分以上かかりますから、
 はっきり言って山の中です。


 「さいち」は、
 こんな田舎のスーパーでありながら、
 おはぎとお惣菜で年商3億円、
 一日100万円を売り上げる
 スーパーなスーパーなのです。


 それも、商品はその日のうちに
 すべて売り切れるという。


・さいちのお惣菜の原価率は60%。
 普通のお店よりずっと高いのですが、
 ロスゼロを実現しているので、
 40%は利益になります(p11)


■「さいち」は、雑貨商店で創業しましたが、
 売上は減る一方。


 ジリ貧を打開するため1979年に
 スーパー「主婦の店・さいち」として
 オープンしました。


 しかし、最初の5,6年は
 寝る暇もないくらい。


 ひたすらお客様の要望に
 応えていったのです。


・5,6年は家に帰って寝る暇がなかったので、
 事務所にベニヤ板を敷いて寝ていました。
 何年も布団の上で寝たことがなかったのです(p197)


■お客様の要望からつくられた
 「おはぎ」と惣菜は口コミで
 売上が増えていきました。


 「さいち」の商品は、
 添加物を一切使っていませんので、
 日持ちがしません。


 「おはぎ」も甘さ控えめで
 材料費の原価率60%。


 真面目に、飽きない家庭の味を
 守り続けているのです。


・うちではダシの素は使わず、
 全部昆布や鰹節から取っています。
 ですから煮物なども、毎日食べても飽きがこないのです(p92)


■本のタイトルは「売れ続ける理由」ですが、
 真のタイトルは「頑張り続ける理由」だと
 思いました。


 それはお客様に喜んでもらう、
 取引先、従業員に幸せになってもらう、
 ということです。


 あえて利益を追求しないところが、
 昔の日本人を見たような気がしました。

 同じ仙台に住むものとして
 誇らしいですね。


 佐藤さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・私のモットーは「共存共栄」で、
 みなさんに成功してほしい、
 幸せになってほしいと願っています・・・
 研修は無料で、企業秘密も何もすべてお教えしています(p5)


・毎日欠かさずにつけている「対照表」と呼んでいるノートが
 あります。書いてあるのは、日付と曜日、天気、
 最高気温、最低気温、客数、その月の客数の累計、
 売上、その月の売上の累計、そして特記事項です(p158)


・問屋との信頼関係を大切にし、
 価格を値切らないほうが結果的に
 利益が上がるのです(p176)


毎日きちんと棚卸しをして、在庫管理をするのが
 何よりも大切で、これをしないのはお金をドブに捨てるに
 等しいともいえます(p226)


・私は取引先の方と飲みに行くことはしませんし、
 ゴルフも絶対にやりません・・・そもそもそうしたつき合いで
 本当に信頼関係が結べるのでしょうか(p228)


・私の人生訓
 1 商売は信用が第一
 2 汗水流さないで得た収入は一切受け取ってはダメ
 3 一生懸命、真面目にやっていれば、
   何かひとつ当たるものがある(p242)


・「笑顔を大事に」「自分の言葉で」
 「暗い言葉は吐かない」が原則(p128)


売れ続ける理由~一回のお客を一生の顧客にする非常識な経営法
佐藤啓二
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 21982

【私の評価】★★★★☆(85点)


■目次

プロローグ 人口4700人の町の小さな店に、
      なぜ、全国600社超から視察研修依頼が殺到しているのか?
第1章 瀕死のどん底から、おはぎが1日2万個売れるようになった理由
第2章 同業他社でなく、「家庭の味がライバル」という非常識な商品ルール
第3章 「惣菜をつくる姿勢」をつくれ!さいち式・レシピなしの人づくり
第4章 売上・客数がぐんぐんアップする門外不出の「アナログ閻魔帳」の秘密
第5章 チラシなしでも、家族の絆があれば、
    お客様がひっきりなしに押しかけてくる


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)