「恐れない技術」桜井 章一

| コメント(0) |

恐れない技術 (ソフトバンク文庫)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■だれでも「恐れ」という気持ちは
 あると思います。


 学生なら、
 試験で点数を取れるだろうか。


 会社員なら、
 あの仕事は期限までにできるだろうか。


 もし、こうした「恐れ」の気持ちから
 開放されたらどんなに幸せか。


 そのヒントを「恐れない」伝説の雀鬼から
 この本で学びます。


■「恐れない」雀鬼の特徴は、
 "想定内"の範囲が普通の人に比べて
 広いように感じました。

 例えば、

 ヤクザが文句をつけてきた。想定内
 骨折した。想定内。
 服に火がついた。想定内。
 仲間が裏切った。想定内。


 これまでの経験もあるのでしょうが、
 そんなもんだよ、
 と雀鬼の心は少しも揺らがないのです。


・「人間なんて、まあそんなもの」と。
 そう、この感覚こそ大切だ。(p59)


■自分に降りかかってくることは、
 人災であれ、天災であれ、
 素直に受け止める。


 そして、自分で考えて行動する。


 最悪の結果でも、
 せいぜい自分が死ぬくらいのもの。


 自分で決めたんだから、
 その結果にも自分で責任を持つ


 ダメならダメでいいじゃないか
 というかんじなんですね。


・やると決めてやって、失敗した・・・
 しかし、ただそれだけのことである。
 次に同じ失敗をしなければいいだけのこと(p106)


■最後に、「自分の人生を生きな」という
 アドバイスが心に染みました。


 他人の評価を気にしてどうする。
 自分が納得していればいいじゃないか。

 
 本のソムリエは、
 いまは亡きおじさんを思い出しました。


君の「物語」の主人公は誰でもない君自身だ
 だから、とにかく自分にだけはウソをつくな。
 自分を襲ってくるさまざまな試練を
 「おもしれえなあ」と楽しめ。(p199)


■恐れない人生、
 自分のための人生とは、
 だれもが当たる壁だと思います。


 壁を越えるためには
 腹をくくらなくてはならないのでしょう。


 桜井さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ゴルフ場の小さなマンホールに足を入れ、
 骨折したのも私だし、そのままゴルフを続けたのも私・・
 誰のせいにもしない。すべて自分の責任。(p53)


ダメでも別にいいじゃないか・・・
 この感覚をぜひ君に持ってほしい。
 なぜなら、君は君以上でもなければ、
 君以下でもないのだから。(p88)


・私の経験からすれば、人を怯えさせたり
 威嚇するような態度を取る相手には、
 恐れずに毅然とした態度を貫くのが一番(p98)


・成長するにしたがって、他人の評価を得るために、
 自分を偽るために化粧を施すようになる。・・・
 そんなことを何十年も繰り返していたら、
 「素顔」の自分で生きられなくなるのだって
 当然ではないだろうか。(p191)


恐れない技術 (ソフトバンク文庫)
桜井 章一
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 5464

【私の評価】★★★★☆(83点)

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)