「運に選ばれる人 選ばれない人」桜井 章一

| コメント(0) |

運に選ばれる人  選ばれない人 (講談社+α文庫)

【私の評価】★★★☆☆


●マージャンをしていると
 いつも勝つ人がいます。

 仕事をさせると
 いつも成功する人がいます。


 反対に、
 マージャンでいつも負ける人もいれば、
 仕事でいつも失敗する人がいます。


 いつも暗く、
 一人でグチを言っている人もいます。


●これは運なのでしょうか?


 ・明るくなるコツは、何でも楽しむことです。・・・
  運が来ると人は楽しいものです。
  つまり、楽しければ運が来るのです。(p88)


●この本では「運」をテーマにしていますが、
 内容は生き方の指針となっています。


 つまり、良い生き方をすれば
 「運」がついてくるというのが、
 20年間無敗の経験から得られた法則なのでしょう。


 ・あまりしたくもないのにただお金儲けになるから働いたり
  義務感で仕事をしていると、
  どこかに違和感があるはずです。
  違和感が多いといい運はやってきません。(p50)


●こうしてみると、
 運とは、どこから来るものではなく、
 自分が作り出しているように感じました。


 大きな環境は運命で左右されるものですが、
 それにいかに対処するかで、
 自分の運命は変わっていくのです。


 ・"大きくとらえて小さなものにも気がつく"、
  これが流れを感じ取る上での重要なポイントです。(p48)


●強運の人に、「運」を教えてもらおうと思ったら、
 人生の生き方を教えてもらったということになったわけです。


 ・最近の日本人に足りないもの、
  それは「感激」、「感動」、「感謝」の3つ・・・
  この3つがふだん少ないために
  不幸感を抱く人が増えているのです。(p180)


 そして仕事の心得さえも・・・・。


 ・準備とは知恵を使って、2の矢、3の矢を次々と矢を
  用意していくことです。(p107)


●結局、「運」とは、この世の法則であり、
 その法則に逆らえば、
 「運」が落ちるということです。


 マージャンの世界から、
 この世の法則がわかるというのも不思議ですが、
 重い一冊でした。★3つとします。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・受身の生き方を改めるにはどうすればいいか。
  それは「見つける力」を磨くことです。・・・
  いいものを見つけて、悪いものは見つけても
  捨てるのが、「見つける」ということです。(p62)


 ・相手がわざと挑発してくることもあります。
  そんな時は
  「面白いじゃないか、どういうことをしてくれるんだろう」
  と、むしろ楽しんでやろうとういう気持ちになったりします。(p147)


 ・信念を持って「人生はこうでなければいけない」
  と枠を決めるのでなく、「遊び感覚」で
  人生を楽しもうとすることが大切です。(p173)


 ・未来の設計は、
  1 短期ですませること 
  2 中期ですませること
  3 長期の展望を持つこと、
  以上の3つの視点で考えます。(p188)


▼引用は、この本からです。

運に選ばれる人  選ばれない人 (講談社+α文庫)
桜井 章一
講談社
売り上げランキング: 11019
おすすめ度の平均: 4.0
5 今ちょっと運が悪いなと感じている人に、特にお勧めです。
4 「合理主義」とは違う観点でユニーク
4 運に対する一つの考え方
3 運は偶然ではない

【私の評価】★★★☆☆

■著者紹介・・・桜井 章一

 1943年生まれ。大学時代にマージャンにのめりこむ。
 その後、裏プロの世界で「代打ち」として20年間負けなしという
 無敗伝説を築き「雀鬼」の異名をとる。
 現在、麻雀を通じて人間力を鍛えることを目的とした「雀鬼会」を
 主催している。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
25,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)