本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「クライマーズ・ハイ」横山 秀夫

(2012年3月 3日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

クライマーズ・ハイ

【私の評価】★★★★☆(88点)


■けっこう厚い小説だな・・・
 と思って読み始めたら、
 一気に読んでしまった一冊です。


 落ちもあって
 なかなかいい。


 1985年の日航ジャンボ墜落事故で、
 墜落現場の地元の新聞記者が、
 事故の真相を追う。


 社内の派閥。
 部下と上司との関係
 家族問題。
 友人との登山。


 サラリーマンなら
 身につまされますね。


・不安と苛立ちが胸をざわめかせていた。
 唯一の部下というべき佐山を制御できずにいる自分が、
 ひどく無力な存在に思えてならなかった(p51)


■主人公は、物事をはっきり言うタイプ。


 でも心の中では、
 人間関係や自分の弱さに
 葛藤している。


 強さの中の弱さ
 理想と妥協。


 その合間で葛藤して、
 スクープを落としたりする。
 その描写がすばらしい。


・悠木は狼狽した。
 それがなぜだかわからないまま、
 今度は膝が震えだした。(p292)


■著者は元新聞記者だけあって、
 新聞社の雰囲気がよく分かりました。


 純粋に小説として面白いし、
 社会というものの勉強にもなるのでは
 ないでしょうか。


 横山さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・命令や指示など幾ら出そうが、
 事件をやったことにはならない。
 記者職が染みついた人間は、
 自分が現場で目にしたことしか誇ることができない(p43)


・這い上がる意思のない人間に
 何本ロープを垂らしてやろうが無駄なのだ。
 意思ある人間は、ロープなどなくても
 必ず這い上がってくる
。(p215)


・面白いですよね。誰でもみんな、
 山に来ると不思議なほど正直になっちゃう・・・ 
 うん。なぜかな?・・・
 ひょっとしたらこれがこの世で最後の会話になる。
 無意識にそう思っているからですよ。
 山って、そういう場所ですから(p307)


・頭蓋の中で、耳鳴りのような母の声が響いていた。
 小さなことを 恐れなさい
 大きなことは どうにもならない

 小さなことを 恐れなさい
 大きなことは どうにかなるの
 小さなことを 恐れなさい
 小さなうちに 恐れなさい(p375)


クライマーズ・ハイ
横山 秀夫
文藝春秋
売り上げランキング: 117937

【私の評価】★★★★☆(88点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(2)

こんにちは。

クライマーズ・ハイは本当にいい小説ですよね。
ドロドロした人間の内面が噴出する横山作品の中でも
特にそれが先鋭化している、読み応えのあるものだと思います。

映画も最高です。僕はブルーレイを買って何度も見てしまっています(笑)。

NHKのドラマの方もいいのですが、僕は映画の方が好きです。
堤真一や堺雅人、尾野真千子など、自分が気に入っている俳優が
出ているせいもあります。

つらつらと書いてしまいました。
では今後も楽しみにしております。

読みました。

メルマガであまり取り上げられない小説ですが、
新聞社の中で日航機墜落を通してサラリーマンが
押し通すのか、折れるのかの葛藤が・・・・

 一気に読んでしまいましたが、
読んでいて歯軋りをするようなところもあり
 私生活での親子、子育て・・・・

面白かったです


同じカテゴリーの書籍: