「「結果を出し続ける人」の35の小さなコツ」安河内哲也

| コメント(0) |

「結果を出し続ける人」の35の小さなコツ

【私の評価】★★★★☆(84点)


■20年以上、人気予備校講師。
 安河内さんの一冊です。


 予備校講師は、実力の世界。
 その世界で結果を出し続けている人の
 考え方を学びます。


 印象としては、
 私とタイプが似ているかも
 しれません。


・ごちゃごちゃ考えて躊躇するくらいなら、
 何も考えずにいますぐ申し込むこと
 それが最初の一歩を踏み出す一番いい方法です(p86)


■一番印象に残ったのは、
 親切に足を引っ張る人たちのこと。


 安河内さんは音読を繰り返して、
 暗記する手法で結果を出していたようですが、
 それを時代遅れとバカにする人もいたようです。


 それに反応して、
 自分のやり方を変えたら、
 いきなり生徒が激減。


 人の批判を真に受けてしまったために、
 自分の強みをなくしてしまったということ。


 助言は素直に聞く必要もあるのでしょうが、
 あくまで参考として聞き、
 自分のスタイルを貫くことも必要なのでしょう。


・頭一つ抜けそうになると、すぐに足を引っ張ろうとされて
 しまいます。・・・その手の周囲の雑音はあえて無視します・・
 自重したり、軌道修正したりすれば、結局、
 自分もお客さまもみんな損をしてしまうからです(p141)


■テーマとしてはばらばらですが、
 私も同感の内容ばかりでしたので、
 ★4つとしました。


 予備校で生き残っている人はすごいです。


 安河内さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・実際、勉強のできる人、仕事のできる人は、
 知識や情報をインプットすることに貪欲な人が多い。
 常に知識や情報を求め、探しています(p21)


・スクールの存在意義とは、怠ける自分を縛り、
 半ば強制的に学べるように仕向けること。・・・
 怠け癖をなおすのにも必ず効果があります(p75)


・ネガティブな思考を封印する「魔法の呪文」・・
 「考えても何も始まらない、考えても何も始まらない、
  考えても何も始まらない
・・」(p127)


・実はスーパーマリオブラザーズにハマってしまい、
 20日ほど寝る間も惜しんで夢中になったことがあるのです・・
 まさに「死んだも同然の時間」で、・・・
 100万円払ってでも取り返したい!」といまでも思うほど(p45)


・配布資料を用意する場合は、
 その日話す「大事なこと」や「結論」は
 書かない
ことです・・・
 「穴埋め形式」にしておいて、
 「ここには何が入るんだろう?」と
 聞き手の興味を喚起するようにします。(p206)


「結果を出し続ける人」の35の小さなコツ
安河内哲也
祥伝社
売り上げランキング: 36003

【私の評価】★★★★☆(84点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)