本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「武士道」新渡戸 稲造

2012/01/13本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

武士道 (PHP文庫)

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■「日米両国の架け橋とならん
 新渡戸稲造は1900年、
 フィラデルフィアで「武士道」を発刊します。


 日本人でありながらキリスト教徒。
 奥様もアメリカ人。


 誤解されがちな日本人を
 論理的に西欧人に説明したのは、
 彼が最初だったのでしょう。


・アメリカ人が贈り物をするとき、
 贈る側はその品物を誉め称える。
 だが、日本ではその品物を「つまらないものですが」と悪く言う・・・
 日本人の場合は、「あなたは立派な人です。
 どんな贈り物でも立派なあなたにふさわしいものはありません・・・
 究極のところは同じである(p72)


■驚くのは、日本人の特徴を説明するために、
 プラトン、アリストテレス、フリードリヒ大王、
 マホメット他の著名人の言動を引用していること。


 日本人はこんな傾向があるが、
 それはフリードリヒ大王と同じ、
 といった論調で説明されているのです。


 稲造が西欧の書籍を
 あらかた読んでいたことが、
 わかります。


・フリードリヒ大王(プロイセンの王)が
 「王は国家の第一の召使いである」と記した・・・
 米沢では、藩主として上杉鷹山が現れ、
 これとまったく同じ宣言をした(p52)


■新渡戸稲造という日本人が存在したこと自体に
 感動を覚えました。


 英文で発行されていますので、
 日英併記されているともっとよかったかも。


 新渡戸さん、
 よい本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本人の美しき礼儀の良さは、外国人旅行者の
 誰もが認めるところである・・・それは金銭上の貧富の
 差を問うのではなく、いかに人間として立派かを問うのであり、
 心の価値にもとづく区別なのである。(p63)


・確かに日本人は、自分の性格の弱点を厳しく突かれたときでも、
 常に笑顔を絶やさないという傾向がある・・・日本人にとっての
 笑いは、逆境によって乱された心の平衡を取り戻そうとする
 努力を、うまく隠す役割を果たしているからである(p118)


・鏡は人間の心を表している。心が完全に平静で澄んでいれば、
 そこに「神」の姿を見ることができる。それゆえに人は社殿の前に
 立って参拝するとき、おのれ自身の姿を鏡の中に見るのである(p27)


・生きるべきときは生き、死ぬべきときにのみ死ぬことこそ、
 真の勇気である」と水戸義公(水戸光圀)はいった。・・
 プラトンも、勇気とは「恐るべきものと、恐るべきでないものを
 識別すること
」だと定義している(p43)


・「内助の功」・・・アメリカの女性解放運動家が
 「すべての日本の婦女子は、古い習慣に反逆して
 立ち上がれ!」と叫んだが、この自己犠牲の教訓が
 完全になくならない限り、日本の社会はこうした
 軽はずみは考え方には賛成しないだろう(p155)


・ある機知に富んだ青年が、「アメリカ人の夫は、人前では
 妻にキスをするが私室では打つ。しかし日本人の夫は、
 人前で妻を打って、私室でキスをする」といったが、
 この比喩には一面の真実があるだろう(p114)


武士道 (PHP文庫)
新渡戸 稲造
PHP研究所
売り上げランキング: 4047

【私の評価】★★★☆☆(79点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: