本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「吉田松陰 一日一言」川口 雅昭

2012/01/09本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田松陰一日一言


【私の評価】★★★☆☆(79点)


内容と感想

■松下村塾で多くの人材を育てた
 吉田松陰のコトバを集めた一冊。


 この本も量が多く、
 読みきるのがたいへんでした。


 一年間かけて読むなら
 問題ないんでしょうけれど。


・凡そ読書の功は昼夜を舎てず、寸陰を惜しみて是れを励むに非ざれば、其の功を見ることなし。「講孟箚記」
 だいたい、読書の効果というものは、昼となく夜となく、ちょっとした時間でも惜しんで励むのでなければ、その効果を上げることはできない(p13)


■全体的に整理されていないのが残念ですが、
 松蔭先生はマジメですね。


 中国の古典から、
 役立つ考え方を抽出しているのが
 わかります。


 精神力や人材育成、
 危機管理といった視点でいえば、
 現代でも通用するものが多い。


・宜しく平日に議論して、時に臨みて誤ることなかれ。「講孟箚記」
 何もない平穏無事な時に議論しておくべきである。いざという時に臨んで、判断をまちがえることのないように(p65)


■まじめに勉強し、
 世の中のために行動せよ!
 それが松蔭の遺言でしょうか。


 松蔭さん、
 よい言葉をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・人を諫むるもの安んぞ自ら戒めるべけんや。
 人を諫める人は、どうして常に自分を戒めなくていいだろうか。戒めるべきである。(p137)


・花柳詩酒に陥る如きは、真に道に志す者の必ず暇あらざる所なり。「講孟箚記」
 本当に人としての道に志した者にとっては、飲屋街で遊んだり、詩や酒に狂うというような暇は絶対にない。(p8)


・鞠躬力を尽くし、死して後已むのみ。「福原清介に復す」
 志を立てて始めたことは、全身全霊を尽くして行い、やめるのは死んだ後だけである(p15)


・能(あた)はざるに非ざるなり、為さざるなり。「講孟箚記」できないのではない、やらないのである。(p21)


・人賢愚ありと雖も 各々十二の才能なきはなし 湊合して大成する時は必ず全備する所あらん「福堂策」
 人には賢い人、愚かな人がいるとはいえ、それぞれ一つや二つの才能がない人はいない。それらを総合してまとめれば必ず完璧に近い人物となるであろう(p44)


・汝は汝たり、我れは我れたり。人こそ如何とも謂え。「講孟箚記」
 お前はお前である。俺は俺である。人は(俺の生き方を)何とでもいえ。(p73)


・伐柯遠からず。
 手本とすることは眼前にある。決して遠方まで探す必要はない。(p124)


吉田松陰一日一言
川口 雅昭
致知出版社
売り上げランキング: 8342


【私の評価】★★★☆☆(79点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: