本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「不毛地帯2~5」山崎 豊子

(2011年1月29日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

不毛地帯(二) (新潮文庫)

【私の評価】★★★★☆(85点)


■ついに「不毛地帯」を完読しました。
 時代は、オイルショック前。


 主人公は時代の流れを読み、
 組織の発展のために、
 石油の上流権益獲得に尽力します。


・日本は東南アジアの石油資源を封鎖され、大東亜戦争に突入して行ったというのに、今のような石油消費国の日本に、石油が一滴も入って来なくなったら、この高度成長、GNP世界第二位の経済大国もあぶくと消え、日本列島はまさに大パニックに陥りますよ(3巻p330)


■私も海外の仕事をしていたこともあり、
 商社マンの仕事と人間関係に、
 多々考えさせられました。


 組織の中では、純粋な仕事だけでなく、
 派閥や役所との調整など
 自分でどうしようもないことが
 あるものです。


 この本は、
 そうした、海外ビジネスの最前線で
 仕事をしている商社マンの世界を
 垣間見せてくれるのです。


・戦闘機でも、通信関係の電子機器でも一つ獲得すれば、改良型のタイプが将来にわたってシリーズ化して、採用される可能性がある。マージンは二パーセントそこそこといっても、額が大きい上、一旦、自社の担ぐ機種に決定されれば、リスクを冒さず、確実に、しかも定期的に稼げるのであった。(2巻p235)


■資源の獲得競争という意味では、
 現在はオイルショック時代に
 近づいているように感じます。


 商社マンの活躍に期待したいものです。
 山崎さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・十一年間、死に等しい屈辱と過酷な困苦に耐えて、祖国の土を踏めたのは、「生きて歴史の証人たれ」と諭した谷川大佐の一言であった。(2巻p213)


・経営・・・第一は、まず目的を決め、目的達成のための方策を考え、実行するための部署をつくること、第二は、適材適所に人員を配置・・・第三は、いかなる事態に対しても迅速に総合力を発揮する機動力が大切(2巻p420)


石油とは、アッラーの神が砂漠の民に与えた慈悲なのか、それとも、さらに厳しい試練であるのか・・。疾走する車の外に消えて言ったベドウィンの姿がいつまでも残った(4巻p220)


不毛地帯 第2巻 (新潮文庫 や 5-41)
山崎 豊子
新潮社
売り上げランキング: 3978

【私の評価】★★★★☆(85点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
43,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: