本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ラーメン二郎にまなぶ経営学―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣」牧田 幸裕

(2010年12月24日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメン二郎にまなぶ経営学 ―大行列をつくる26(ジロー)の秘訣

【私の評価】★★★★☆(83点)


■私はよく知らないのですが、
 首都圏で展開しているラーメン二郎にはまっている人を
 「ジロリアン」と呼ぶらしい。


 ラーメン二郎の特徴は、
 すごい量の麺・野菜・チャーシュー。
 そして濃厚スープ。


 麺は、「大」で500グラム。
 (一般的なラーメン店では120~150グラム)


・二郎を含め名店は・・・自ら信念を持った「尖がり」がある
 3、顧客の声を聞くのではなく、自ら顧客に
 「尖がり」をぶつける(p80)


■著者は外資系コンサルタント会社仕込みなので、
 こうしたラーメン二郎の特徴を、
 「ブルーオーシャンで戦え」
 「フェルミ推定でジロリアンの人数を推定する」
 「クレドが大切」
 と教えてくれる。


 ラーメンと外資系戦略コンサル
 この落差が笑えますね。


 牧田さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本のラーメン業界1位は、幸楽苑で売上高372億円だ。
 2位は、ハイデイ日高で売上高228億円・・・
 ハンバーガー業界1位の日本マクドナルドの売上高は5319億円・・・
 ちなみに市場規模は、ラーメン業界は約7000億円、
 ハンバーガー業界は7310億円とほぼ同等である。(p20)


・全国的に有名な讃岐うどんだが、香川県では
 大きく「一般店」と「セルフ店」に分けられる・・・
 セルフ店の中でも特に「製麺所系」と呼ばれる店は、スゴい。
 なにがスゴいかというと、店によっては薬味のネギを自分で
 裏の畑からとってきて自分で刻まなければならなかったりする(p107)


【私の評価】★★★★☆(83点)



■著者紹介・・・牧田 幸裕(まきた ひろゆき)

 1970年生まれ。信州大学経営大学院准教授
 アクセンチュア戦略グループ、サイエント、ICGなど
 外資系企業のディレクター、副社長を歴任。
 インダストリアル事業本部クライアントパートナー。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

ラーメン二郎は私が大学時代から
ずっと通っていたラーメン屋さんで、
奥様(以前はお店に出ていらっしゃいました)とは、
今でもとっても親しくさせていただいております。

フランチャイズが増えることについては、良いのですが、
味が店によって全然違うのが問題です。
奥様ともよく「昔の方が良かった」と話します。


同じカテゴリーの書籍: