本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「金の卵―ニワトリへの愛情が黄金ビジネスを生む!」佐藤 剛史、早瀬 憲太郎

2010/12/23本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

金の卵―ニワトリへの愛情が黄金ビジネスを生む!

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■九州の福岡県に臭くない養鶏場があるという。


 ニワトリは、土の上を歩き、
 自由に運動、砂浴びができる。


 鶏糞は、自然乾燥され、
 土の中の好気性細菌で分解され、
 臭いなし。ハエもいない。


 ニワトリは静かに、幸せに
 一個50円の卵を生んでいるのです。


・床に20センチメートルの盛土をしている。
 雨が流れ込んでこないようにするためだ。
 その上にモミガラを5~10センチメートル敷いて
 好気性土壌菌が鶏糞を分解しやすいようにした。(p51)


■こうした環境でつくられた卵(「つまんでご卵」)は、
 つまんで持ち上げられるだけではありません。


 くさみのない、濃厚な、無菌卵なのです。


 いやー、宮城県の近くで同じような
 卵を作っている人はいないのでしょうか。


 一度食べたくなりました。
 早瀬さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・エサを混ぜるための撹拌機を購入し、
 独自で飼料の配合をはじめた。
 自分で配合をすれば、いい素材を使える。
 さらに、自家配合しても、飼料代は高くならなかった。(p75)


記録がなければ経営はできない。
 良い経営をするために、あらゆる記録をつけることを
 習慣づけておく必要がある(p213)


・一個50円の『つまんでご卵』は明らかに高い。
 しかし、首都圏で流通している、 
 いわゆる自然卵は一個80円くらいする。(p179)


金の卵―ニワトリへの愛情が黄金ビジネスを生む!
佐藤 剛史;早瀬 憲太郎
築地書館
売り上げランキング: 36561

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■著者紹介・・・早瀬 憲太郎(はやせ けんたろう)

 1947年生まれ。
 マンガ家、高校教師を経て、
 ニワトリの総合商社に入社。
 退職後、福岡県で「緑の農園」を設立。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: