本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わる」佐藤 剛史

(2010年10月20日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わる

【私の評価】★★★★☆(87点)


■著者が講演会でウケるのは、
 お弁当の話でした。


 なぜ、お弁当の話がウケるのか・・・
 それこそが日本人の心の中に埋め込まれた
 弁当力なのです。


・一昨日の夕食は思い出せなくても、
 弁当の思い出は、鮮やかによみがえる
 心の中に弁当が刻まれている。
 それが弁当の力だ。(p4)


■お弁当を作るには時間がかかります。


 毎日、毎日、お母さんは1時間以上の 
 時間をかけてお弁当を作っているのです。


 これがいかに大変なことなのか、
 やってみた人にしかわからないことでしょう。
 (メルマガを毎日書くとわかります)


・食卓に並ぶ食べ物には、食材だけでなく、
 もう一つの命が込められている。
 作ってくれた人の命だ
。(p139)


■お弁当という切り口から、
 両親への感謝の気持ちを思い出させてくれる
 一冊でした。


 佐藤さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


母は毎日欠かすことなくお弁当を作ってくれた
 ケンカした日の次の朝も。母が具合の悪い朝も。
 お弁当を食べながら本当に母の愛を感じました。(p21)


・手づくりの料理には「あんたは大事なんよ~」という親からの
 メッセージが込められている。・・・三百六十五日、一日三食
 という日々の暮らしの中で、そうしたメッセージを受けとめた
 子どもは、思春期になっても自分を大切にできる。(p50)


・高校のときは、母が弁当を作ってくれるのなんか、
 当たり前で、そのことを何にも思わなかったけど、今日分かった。
 毎日の弁当づくり、母ちゃん、本当にありがとね。(p88)


・お母さんが「おいしい」と食べてくれた女性は、
 料理好きになり、「もういい、私がやったほうが早い」
 と追い払われた女性は、料理をするのが怖くなった。(p114)


すごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わるすごい弁当力!―子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わる
佐藤 剛史

五月書房 2009-08
売り上げランキング : 698

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【私の評価】★★★★☆(87点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :


コメント(1)

いつもメルマガをありがとうございます。
メルマガ配信後、『すごい弁当力!』を読みました。
自分自身の思い出と重なって、涙が出ました。
食事の大切さは分かっていたつもりでしたが、読後、食事作りの意識が変わりました。食事だけでなく、娘との関わり方も意識が変わったように思います。
同じような年齢の子どもを持つ友達にも勧めようと思いました。
良い本を紹介してくださって、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。


同じカテゴリーの書籍: