本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ヤンキー最終戦争 本当の敵は日教組だった」義家 弘介

(2010年10月19日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンキー最終戦争 本当の敵は日教組だった

【私の評価】★★★★☆(83点)


■北海道のヤンキー先生だった著者が、
 日教組の活動を説明してくれます。


 県によってかなり違うようですが、
 社会主義を支持する政治活動、教員人事への介入、
 反日教育が基本となっているようです。


 これは、まるで共産党の活動のようですね。


・日教組の戦後の闘争は、主に三種類に集約される。
 1 道徳教育ボイコット運動、2 学テ(学力テスト)闘争、
 3 勤評(勤務評定)闘争がそれだ。
 さらにもう一つ挙げるならば、
 今も続いている日の丸・君が代反対運動(p86)


■こうした流れは、社民党の村山首相(94年から96年)
 の時代に加速し、教職員組合は強力な力を
 持っている県があるようです。


 教職員組合が、人事も天下り先もコントロールする。
 反対する人には、徹底的に闘争(いじめ)をする。
 民主党、共産党を支持する政治活動をする。


 そういえば、最近、北海道教職員組合の幹部が、
 民主党の議員に選挙資金を提供して逮捕されましたが、
 こうした背景もあるのかもしれません。


 自殺した校長先生もいましたね。


・北教祖が発行した・・『日の丸・君が代』強制に反対する
 当面のとりくみについて(支部案)」
 という内部文書も入手した・・・
 《校長が断念を表明しない分会にあっては、
 対抗戦術を配置し、ねばり強く交渉を継続します。
 その際、準備作業の一時停止や練習段階での部分退席などを
 含めて分会で意思統一してとりくみます。》(p131)


■教育関係の人に聞いたことがありますが、
 真面目な先生は辞めて塾講師となり、
 残っているのはやる気のない先生が多いと言っていましたが、
 県によっては本当なのかもしれません。


 だんだんと気分が寂しくなってきましたが、
 義家さんに頑張ってもらうしかないようです。


 義家さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・《「君が代」がいかなる形であれ強行された場合は、
 抗議の意思を示す全道統一の対抗戦術
 「立たない・戦わない・演奏しない」を基本に、
 原則的に個人対応とはせず、分会員全員で
 たたかいを貫きます》(p132)


・例えばある県では、学級委員長を敢えて設置していない。
 「学級委員長を決めると、生徒の序列化につながる」
 これが日教組の理屈だ。(p24)


・生徒会メンバーらが「イラク戦争反対」の署名活動を
 展開していた・・・○○先生にあなたが中心になって
 みんなに訴えなさいって言われてさ・・・調べると、
 その署名は共産党系の民青同盟(日本民主青年同盟)の
 署名運動で使われているもの(p27)


・組合に加入していない新人教師は、
 特に「セブンイレブン」になりがちだ。
 仕事を減らすことばかり考えている組合員たちは、
 引き受け手のいない部活の顧問、書類作成、
 地域での開かれるお祭りのパトロールに至るまで、
 あらゆる仕事を新人教師に丸投げする。(p106)


ヤンキー最終戦争 本当の敵は日教組だった
義家弘介
産経新聞出版
売り上げランキング: 6814
おすすめ度の平均: 4.5
5 現場から政治家へ、すばらしい決断と赤裸々な現実を活写した名著。
5 日教組はゴキブリ
1 保守論壇の危機、他に人材はいないのか?
5 その通りでした
5 民主党・日教組

【私の評価】★★★★☆(83点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: