「奇貨居くべし―春風篇」宮城谷 昌光

|

奇貨居くべし―春風篇 (中公文庫)

【私の評価】★★★★☆(83点)


■秦の始皇帝の父といわれる
 呂不韋の少年時代を描いた一冊です。


 呂不韋は商人の子として、
 鉱山の見聞に旅しますが、そこで
 楚、秦といった国の騒乱にまきこまれます。


■こうした歴史物は、そのストーリーだけでなく、
 歴史と人物を通じて著者が伝えたいものの
 厚みで面白さが変わるように感じました。


 著者の推察力とか、見識とでも
 いうものでしょうか。


 物語の人物を通じて、
 人生の要諦を教えてくれるわけです。


・大事業を成功させた者は、むしろ苦難をひき寄せ、
 苦難に直面した者しか抽きだせない知恵をあらわし、
 苦難につぶされない胆気を鍛える。(p114)


■やすやすと読めてしまいました。
 次は火雲編ですね。


 宮城谷さん、良い本をありがとうございます。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・商人にかぎらず、すぐれた主というのは、
 身内に厳しく、他人に優しいものです。(p135)


・見聞の豊かさのうしろに知識がないと、
 見聞を位置づけることも、
 深めることもできない(p74)


・決断は王と大臣とがする。そのしたにいる士は、
 おのれの道をさぐるために、つねに断定を避け、
 四方に敵がいると想定して、変事や危難に
 そなえておかねばならない。(p207)


・偉人とは困難のかたまりのようなものだ。
 偉人になりたいと望むことは、天に、
 死ぬほどの苦難をくださいとねだることだ。(p343)


奇貨居くべし―春風篇 (中公文庫)
宮城谷 昌光
中央公論新社
売り上げランキング: 10710
おすすめ度の平均: 4.0
4 『奇貨居くべし』(春風篇/火雲篇/黄河篇/飛翔篇/天命篇)
3 初期の宮城谷作品のほうがすきなんですよね・・・
5 「始皇帝の父では?」と言われる人物は世界最初の民主主義思想家だった
5 大きな困難こそ大きな道を開く-座右の書としたい良書

【私の評価】★★★★☆(83点)



■著者紹介・・・宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ)

 1945年生まれ。
 出版社勤務のかたわら、立原正秋に師事。
 その後執筆活動に取り組む。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)