本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「学校の勉強だけではメシは食えない!―世界一の職人が教える「世渡り力」「仕事」「成功」の発想」岡野 雅行

2010/04/22本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

学校の勉強だけではメシは食えない!―世界一の職人が教える「世渡り力」「仕事」「成功」の発想


【私の評価】★★★★☆(84点)


■プリウスのバッテリーケース、
 痛くない注射針など、
 だれもできない製品をプレス冷間加工で
 作ってしまう岡野さんの一冊です。


 世界一の職人と言われるだけあって、
 きっぷのいい人生訓が気持ちいい一冊でした。


■岡野さんの持論は、プロになること。
 そしてその一芸を持って、
 難しい仕事に挑戦していきな、
 ということです。


 だれにでもできることでは、
 儲けることはできません。


 自分にしかできないという付加価値を
 持ってこそ勝負することができるのです。


・何かひとつでいいんだ。他の人にはできないこと、自信を持ってできることを習得しておくんだ。ひとつ芸を持つ、芸人になるんだ。(p32)


■そして、そうした技術にプラスして、
 世の中を生きていくためには、
 人間関係が大切だよ、と教えてくれます。


 技術だけがあっても商売は
 うまくいかないわけであり、
 やはり信頼という人間関係があってはじめて、
 注文があるということなのでしょう。


・利口な人間っていうのは、いってみれば世渡りの上手な人間・・・極端なことを言うと、「人生、太鼓持ちになれるやつが 成功する」。ちゃんと技術を持って太鼓持ちになれる人間がいいんだよ。(p208)


■今の自分には、社会に出て
 稼ぐ力があるのだろうか、
 サラリーマンの考えに
 固まってしまっているのではないか、
 などと考えさせられました。


 会社が倒産しても食っていけるだけの芸が
 必要ですね。


 岡野さん、よい本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・勉強ができるやつよりも声がでかいやつのほうが、社会に出てから偉くなっちゃうもんなんだ。(p24)


・なぁ、楽な仕事ばっかりじゃ面白くないだろう?誰もやったことのないことをやる。登山でいえば、誰も登ったことのない山を登るんだ。(p75)


・利口なやつは、どんなときにもアイデアがあるやつだよ。これは学歴じゃない。そのアイデアマンに共通することは、世の中でいろいろ遊んできて、いろんな失敗をした経験が最後にはものを言うんだ。(p3)


・自分で社長になることを考えるんだ。・・・10年、20年もサラリーマンを続けていると、何にも疑問を持たない頭に飼いならされて、去勢されちまう。夢や金銭感覚だって、月給サイズになってしまう。(p85)


・アルバイトするのなら、自分に必要な技術を学べるところにするんだ。目的を持ってアルバイトすると、お金以上のものが手に入るぞ。(p87)


▼引用は、この本からです。


【私の評価】★★★★☆(84点)



■著者紹介・・・岡野 雅行(おかの まさゆき)

 1933年生まれ。20歳頃から金型技術を父親に教わり、30代には量産プラントを開発。リチウムイオン電池のケース、痛くない注射針など誰にもできなかった製品の量産方法を確立。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: