本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「新訳 ガリア戦記」ユリウス・カエサル

(2010年4月21日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

新訳 ガリア戦記

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■あのユリウス・カエサル
 (ジュリアス・シーザー)が書いた
 古代ローマの名著「ガリア戦記」です。


 カエサルがガリア(現在のフランス、
 スイス、ドイツ西部)でガリア人と戦い、
 これを平定していきます。


・ガリアは全体が三つの地域に分かれている。(p111)


■この本を読むと、現在のフランス、ドイツの
 周辺には、国家というものがなく、
 小さな部族の寄せ集めであったことが
 わかります。


 言葉が違う。そして文字もない。
 この時代には、
 軍事力だけが「力」であったことが
 わかります。


・マリウスは、土地を失って無産市民となっていた者たちをあつめて、これに軍事訓練をほどこし、職業としての兵士に仕立てあげ、この者たちで強力な軍隊を編成したのである(p19)


■古代ローマに興味が出てきました。


 本だけでは戦いのイメージがわかないので、
 映画や画像を見ながら古代ローマを
 空想してみるのも楽しそうです。


 中学生のときに読んでいれば、
 歴史に興味を持ったかもしれません。
 よい本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・思いは人生を形づくる。若いカエサルの胸には、常識的な可能性の範囲を超えた、自分の人生にたいする大きな期待があった。将来かならずや歴史的な偉業をなすのだ、という思いである(p62)


・ローマの軍隊が伝統的にいかに訓練を重視していたか・・・新兵や若年の兵士は、終日訓練にあけくれた。(p87)


・キケロ・・・雄弁が自制を欠くと、それはしばしば必要以上に相手の胸をえぐる。・・・よく辛らつな言葉で論的を傷つけていた。このあと降りかかった災難は、そうした辛らつな言葉がまねいた災難と言えなくもない。(p27)


【私の評価】★★★☆☆(79点)



■著者紹介・・・ユリウス・カエサル

 紀元前100年頃~紀元前44年。共和政ローマ期の政治家、軍人。「賽は投げられた」「来た、見た、勝った」「ブルータス、お前もか」などの名言を残す。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: