本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「ぶれない―骨太に、自分を耕す方法」平山 郁夫

本のソムリエ 2010/04/19メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加


【私の評価】★★★★☆(89点)


要約と感想レビュー

■昨年、訃報を聞いた
 平山郁夫さんのことを知りたくなって、
 この本を購入しました。


 平山郁夫さんが生涯を通じて学んだことを
 この本から学びとることができます。


■平山さんは、日本画を必死に学びながら、
 同時に非常に悩んだようです。


 一生懸命、努力するのだけれども
 なかなか成果につながらない。


 この道がはたして正しかったのか、
 この道で本当に良かったのか
 思案したようです。


・私は、授業のない休日など、「さあ、今日は100人の顔をデッサンしてくるぞ」と、自分を鼓舞して上野の街に出かけました(p18)


■しかし、その悩みを救ったのは、
 なんと被爆の後遺症で体調が悪くなり
 「死」を意識したときだったのです。


 自分の生きた証を残したい。
 その一心で絵を描いたときに
 道は開けたそうです。


・本当の勉強は逆境のときにある、ということです。逆境につぶされたら、また興せばいい。そうするうちに、どんどんたくましくなる。このことに気づいた者が勝ちです。(p160)


■平山さんは大祖父から助言され、
 読書から学び、
 自然のデッサンから学び、
 ひたすら絵に打ち込みました。


 ここで読書が出てくるのが
 うれしかったです。


・学生時代につけていた「読書録」が今も手元に残っています。それを見ると、ひと月に10冊平均、五年間で600冊以上の本を読破しています(p153)


■イチローと同じことを言っているな~と
 思いつつ、一流の人は同じことを
 言われるようです。


 天才より努力であると。
 平山さん、
 よい本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・毎朝、六時に起床し・・・仏壇に線香をあげ、手をあわせる。両親や恩師、亡くなった友人たちに向かって、「今日もこれから仕事に取りかかります」と語りかけるのです(p33)


・大祖父が・・・「古典を学べ」・・・「古典の勉強と同時に、自然をよく見ることも大切だ。写生をどんどんして自然から学びなさい」(p52)


・大祖父に言われた心構え・・・「一流に接しろ」とにかく一流のものを観、一流のものを聴け、と。たとえお金はかかっても、それが自己投資だと思って、機会があればなるべく一流に接しろ、二流は観るな(p65)


・無心に基礎力をつけているうちに、いろいろなことが見えてくる。私はよくこのことを「稽古(練習)量がモノをいう」と言っています。(p79)


・才能を大成させるには、個性を形づくる理念や人間性、人格が必要なのです。・・・反復し、持続することによって、やっと身についていく。百回でできないことは二百回やる。それでもダメなら千回やってみる(p86)


・私自身、学長をやってみてよくわかりますが、何事も「私心」が入るとダメなのです。(p182)


・歴史書には「どうやると物事は発展し、何をやるとダメになり、滅びてしまうのか」が書かれています。そのような事例を単なる知識として記憶するのではなく、お手本として学びながら自分の行動原理を作り上げていく(p47)


・毎朝10分から15分の柔軟体操は欠かせません・・・そして掃除。・・・隅々までみがくと30分ほどかかり、うっすら汗ばむほどに筋肉を使います。・・・これで心と体の準備を整え、一度アトリエに入ると三時間は集中し、それを一日に三回行うのが日課です(p192)


▼引用は下記の書籍からです。


【私の評価】★★★★☆(89点)



著者紹介

 平山 郁夫(ひらやま いくお)・・・1930年生まれ。東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科卒業。53年日本美術院展で初入選。59年「仏教伝来」を制作、61年「入涅槃幻想」で日本美術院賞(大観賞)を受賞。98年文化勲章受章。現在、(財)日本美術院理事長。2009年没。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: