本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「この想いを伝えて・・・」大沼 えり子

2009/07/10本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

この思いを伝えて...―人間って本当は優しいんだよ


【私の評価】★★★★☆(85点)


内容と感想

 料亭の女将でありながら、ラジオのDJであり、保護司としても活動している大沼えり子さんの一冊です。本書の内容は、2007年にはTBS系のドラマ「ガラスの牙」として放映もされています。


 大沼さんの凄いところは、その実行力です。大沼さんは少年院を見学したとき、その少年院の冷たい雰囲気と、そこに両親の愛をもらえず収監された子どもたちにショックを受けたそうです。私は両親の愛をたくさんもらって育ちましたのでまったく想像できませんが、世の中にはひどい両親に育てられる人もいるようです。


 少年院の子供たちになにかをしてあげたい。そこで思いついたのが、子供たちのリクエスト曲を中心としたDJ番組をプレゼントすること。もちろん本業のラジオのDJ番組を制作しながらのため、制作している仲間の協力が不可欠ですし、自分の少ない時間をやりくりする必要もあるのです。しかし、大沼さんは行動力でそれらの障害を乗り越えていきます。


 自分にできることは小さくても、とりあえずやってみる。そうした小さな力が集まったときに、なにかを動かすような気がしました。現在はロージーベルという子供たちを受け入れる組織を運営されています。心が熱くなる一冊でした。本の評価としては★4つとしました。


この本で私が共感した名言

・「私ね、お父さんにもお母さんにもそんなに心配されたことない。いつも怒られて、殴られて。優しくされたことなんてない。私は好きなのに、私は好きなのに、何で?ねえ、先生、何で?私の何が悪いの?何で嫌われるの?何で?」(p112)


・こんな調子で少年を連れ出し、一緒にソフトクリームを食べながら、アイコンタクトよろしく、生き方、友達との付き合い、その他もろもろの話ができてしまう(p44)


・私の夜は忙しい。家の仕事をこなした後に・・・文書を書いたり、曲を作ったりもしているが、何より夜中の楽しみは読書だ。(p94)


▼引用は、この本からです。 

この思いを伝えて...―人間って本当は優しいんだよ
大沼 えり子
ロングセラーズ
売り上げランキング: 477831


【私の評価】★★★★☆(85点)



著者紹介

 大沼 えり子(おおぬま えりこ)・・・宮城県出身。大学在学中にラジオDJを始め、東京、仙台を中心にテレビ、ラジオなどでシンガーソングライター、DJとして活躍。結婚後、嫁ぎ先の割烹の若女将の仕事をしながら、保護司として尽力。現在、少年を受け入れる少年の家「ロージーベル」設立を目指している。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: