「ホスピタルクラウン」大棟 耕介

|

ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師
【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■著者はプロの道化師ですが、
 ボランティアで病院を回っています。

 欧米ではホスピタルクラウンと呼び、
 パッチアダムスさんが有名ですね。


  ・ホスピタルクラウン。
   病院をたずねて、闘病中の子どもたちを
   元気づける道化師のことをそう呼ぶ。(p19)


■笑いは免疫力を高め、心を強くしてくれます。

 普通の病院には、薬と治療のプロはいますが、 
 笑いのプロはいませんので、
 こうしたボランティアはありがたいものでしょう。


■与えることの大切さと、
 与えたときの充実感。

 そして、健康でいる自分のありがたさに
 気づく一冊です。
 本の評価としては★2つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・家の中にはすごい数の本があり、パッチ(アダムス)は
   「ぼくは日本人より日本のことを知ってるよ」
   といってひとつの本棚を指さした。(p130)


  ・ぼくたちに病気を治すことはできない。
   でも患者が「病気に立ち向かうきっかけ」を
   作ることならできる。(p178)


▼引用は、この本からです。

ホスピタルクラウン 病院に笑いを届ける道化師
大棟 耕介
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 4479
おすすめ度の平均: 5.0
5 深く優しく暖かい
5 無償でもプロ。
5 ただ、笑ってくれるだけでいい
5 優しい巨漢のとぼけた奮戦記

【私の評価】★★☆☆☆(67点)


■著者紹介・・・大棟 耕介(おおむね こうすけ)

 1969年生まれ。
 道化師の会社「プレジャー企画」代表。
 養成講座を受けたことをきっかけに、会社を辞めて道化師のプロに転身。
 遊園地や中小学校、老人ホームでショーを開くかたわら、
 無料で病院を訪れ、闘病中の子どもたちに笑いと希望をもらたしている。


─────────────────

■関連書評■

a. 「パッチ・アダムスと夢の病院」パッチ・アダムス
【私の評価】★★☆☆☆

b. 「あなたに奇跡を起こす笑顔の魔法」野坂 礼子
【私の評価】★★★★★

c. 「君の笑顔に会いたくて」大沼 えり子
【私の評価】★★★★★


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)