「君の笑顔に会いたくて」大沼 えり子

|

君の笑顔に会いたくて―保護司ロージーが走る!

【私の評価】★★★★★(90点)


■大沼さんは、保護司をしています。
 保護司とは、保護観察処分をうけた非行少年などの
 更正を支援する人です。


 大沼さんは、たくさんの愛を与えながら、
 多くの少年を更正してきました。


■この本に出てくる非行少年たちは、
 すべてひどい親を持っています。


 「お前は生まれてこなければよかった」と言ったり、
 自分はといえば働かず酒を飲んで、
 食事さえ家族一緒にしていないのです。


  ・「明日から家族で一緒にご飯を食べてください。」
   「何でですか?」(p110)


■大沼さんはこうした親を含め
 非行少年たちと真摯に向き合い、
 時にはリンチを受けた少年を助け、
 自殺しようとする少年を保護してきました。


■人間は愛が無くてはいきていけないもので、
 愛で満たされている人だけが、愛を与えることが
 できるのだなと感じました。


 普通に読んだら確実に泣いちゃうので、
 「泣ける本」に追加しました♪


 「大沼さんは、日本のマザーテレサだ」と思いながら、
 本の評価としては★5つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・保護司になって、一番驚くことは、対象者の顔の変化だ。
   その顔の変化で現在の状況が見えて来ることも多い。
   それだけ顔の表情には心が作用することを実感する。(p89)


  ・「あのさ・・・、K,大好きだから、大好きだからね」
   「わかってる・・・。おやすみ」(p27)


▼引用は、この本からです。

君の笑顔に会いたくて―保護司ロージーが走る!
大沼 えり子
ロングセラーズ
売り上げランキング: 144840
おすすめ度の平均: 5.0
5 母として子供との断絶危機にどう対処すべきか、著者の命がけの体験で描かれた一冊です
5 前作に続く「無償の愛」に頭が下がります。

【私の評価】★★★★★(90点)



■著者紹介・・・大沼 えり子(おおぬま えりこ)

 宮城県出身。大学在学中にラジオDJを始め、
 東京、仙台を中心にテレビ、ラジオなどで
 シンガーソングライター、DJとして活躍。
 結婚後、嫁ぎ先の割烹の若女将の仕事をしながら、
 保護司として尽力。現在、少年を受け入れる
 少年の家「ロージーベル」設立を目指している。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)