本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「ほめ言葉ハンドブック」本間 正人、祐川 京子

(2007年12月26日)|

ほめ言葉ハンドブック

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■世の中には、「褒める」ことが苦手な人がいるようです。


 「褒める」ことは、強力なコミュニケーションの武器ですので、
 「褒める」ことができないのはもったいないことです。


■人は「褒め」られると、いい気持ちになりますので、
 適切なタイミングで、適切な言葉で「褒める」と
 職場の雰囲気は良くなるはずです。


 あまり「褒め」ない人が、いいタイミングで「褒める」と
 効果千倍だったりします。


■しかし、実際には「どこを褒めたらいいのかわからない」
 ということもあるでしょう。


 それでも、「褒める」べきところを探すのが、
 上司としての修行なのかもしれません。


 ・性格は暗いし、仕事に臨む態度もいまいちだとなると、
  上司としてはどこをほめていいのか悩むところでしょう。
  こうした人の場合は、「可能性」をほめてあげます。
  ・・・「○○の分野にはきっと強いと思うよ」(p49)


■それ以外にも、この本では、
 褒めるのが照れくさいなら、
 「第三者を通じて褒める」など、
 褒めるためのテクニックもいくつか説明されていますので、
 そんなの知らなかったよ!という人は
 読んでいただきたいと思います。


 ・「あの人があなたのことをこんなふうにほめていたよ」
  と、第三者から言われるのはうれしいものです。(p105)


■褒めることの基本を学ぶのに、
 良い一冊だと思いました。


 褒めることが苦手という人は、
 この本ぐらいは読んでくださいね。★3つとしました。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・人のことをほめていれば、それがほかの人にも
  伝染(モデリング)して、
  相手からも尊敬されるようになるものです。(p21)


 ・忠告したいことや改善してほしいことがらがある場合は、
  まずほめてからこちらの言い分を伝えると、耳を傾けて
  くれるものです。・・・「その髪は何だ。黒くしてこい!」・・・
  「・・・男前だよなあ。髪の色がもうちょっと
  黒いほうが似合うと思うよ」(p77)


▼引用は、この本からです。

ほめ言葉ハンドブック
本間 正人 祐川 京子
PHP研究所 (2006/12/21)
売り上げランキング: 616
おすすめ度の平均: 5.0
5 すばらしい本です!
5 人間関係を豊かにする指南書
5 人との接し方、動かし方のマニュアルでもある

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■著者紹介・・・本間 正人(ほんま まさひと)

 NPO法人学習学協会代表理事、帝塚山学院大学客員教授、
 LCA大学院大学客員教授。
 「学習学」を提唱し、「研修講師養成塾」を創設。
 国際コーチ連盟(ICF)プロフェッショナル認定コーチ。


■著者紹介・・・祐川 京子(ゆかわ きょうこ)

 (株)サンブリッジ投資事業部プリンシパル。
 第一生命で法人営業を経て、営業スキルの研修講師に。
 3000名への講演・研修を実施。
 2006年より転職し、現在、ベンチャーキャピタリスト。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: