「そうだ!絶対うまくいく!―「できる」遺伝子が目ざめる生き方・考え方」村上 和雄

|

そうだ!絶対うまくいく!―「できる」遺伝子が目ざめる生き方・考え方

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■著者は遺伝子研究の第一人者ですので、
 人間というものがどのように設計されているかについて、
 分析しています。


 まず、簡単に人間が潜在力を発揮するのは、
 追いつめられたとき
です。


 たとえば、目的を持っている人が
 現実との落差に気づくとき、
 その人は追いつめられ、悩み、
 頑張ろうと思うのです。


・「もっとこうなりたい」という
 ハングリー精神があってこそ、
 人は何かにチャレンジしようと思うものであり、
 そこから、新しい力を発揮するような
 遺伝子がオンになるのです。(p17)


■そして、潜在力を発揮して人の役に立つことで、
 褒められたりすると、
 人間というものは無上の喜びを感じるのです。


・人間は元来、誰かの役に立っているという
 実感を得ると無上の喜びを感じ、
 そこに自分の存在意義を見出すようにできている
のです。(p197)


■遺伝子の研究者が到達した人間像というものは、
 成功法則が到達した人間像というものと
 まったく同じものだったようです。


 研究者が考えた「成功法則」の中に、
 特異なものがありませんでしたので、
 ★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・耳が聞こえなくなったベートーベンが、
 自殺を決意して遺書まで書いたあと、
 ふたたび生きる決意をしたときの言葉・・・
 「たとえ肉体にいかなる欠点があろうとも、
 わが魂はこれに打ち勝たねばならぬ
。二十五歳。
 そうだ、もう二十五歳になったのだ。
 今年こそ、男一匹、本物になる
 覚悟をせねばならぬ。(p67)


・研究室から飛び出し、さまざまな人と出会い、
 新しい刺激や情報を得る。
 そこから新しい発想が生まれ、
 大きな発見につながっていきます。
 それが文化として確立しているのが、
 ユダヤ教の人々です。彼らは休みのたびに
 ユダヤ教の協会シナゴークに集います・・・
 情報交換しているのです(p157)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★☆☆(71点)



■著者紹介・・・村上 和雄(むらかみ かずお)

 筑波大学名誉教授。米国オレゴン医科大学、京都大学農学部、
 米国バンダービルト大学医学部などを経て、78年より筑波大学教授。
 83年に酵素「レニン」の遺伝子解読に世界で初めて成功。
 90年、マックス・プランク研究賞、96年日本学士院賞を受賞。
 同大遺伝子実験センター長、先端学際領域研究センター長を務め、
 99年退官。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)