本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ナチスの発明」武田 知弘

(2007年7月13日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナチスの発明

【私の評価】★★★☆☆(71点)


ロケット、ジェット機、ヘリコプター、聖火リレー、
 高速道路、テレビ電話、合成ゴム、テープレコーダー・・・


 なんとこれらを開発したのは、
 「ナチス・ドイツ」です。


 ナチス時代に、数多くの科学・技術が
 開発・実用化されました。


・世界で最初に、一般向けの定時テレビ放送を
 はじめたのはナチス・ドイツである。・・・
 現代にも通じるような娯楽番組が用意された(p54)


●ナチス・ドイツは、
 第一次世界大戦敗戦による大不況のドイツを
 大規模公共事業と大減税により復活させます。


 また、大衆のための自動車開発、娯楽の提供、
 オリンピックの開催など、
 国民の支持を得るだけの実績を作っていました。


・フォルスク・ワーゲンンは、
 ナチスとポルシェの合作である。
 ヒトラーはもともと大衆車を作りたいと、
 熱望していた。(p101)


●ナチス=ユダヤ人虐殺の極悪非道という
 イメージがありますが、ナチスは、
 国民の支持を得た政党であったわけです。


・ユダヤ人を迫害したのは、実はナチスが最初ではない。・・・
 ユダヤ人から様々な権利を剥奪し、結婚や出産も制限する、
 これはキリスト教国の多くが行ってきたことだった(p162)


●近代史を学びたい人、イメージだけではなく、
 歴史の事実をバランスよく
 知りたい人にお薦めします。


 ★3つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・労働者クラスの人たちは、
 とてもバカンスなど取れるものではない。
 しかしバカンスを、
 だれでも取れるようにしていた国がある。
 ナチス・ドイツである。(p106)


・ナチスが国民の指示を集めた理由の1つに、
 共産主義への恐怖がある。・・・
 当時の共産主義は、革命のために武力、
 暴力を使うことをいとわなかったので、
 共産主義者による破壊活動や誘拐、殺人が
 日常茶飯事に起きていた
(p158)


・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーは、
 党大会の模様を収めた映画「意志の勝利」を
 15回以上も見て、ヒトラーのパフォーマンスから
 ファンを陶酔させる手法を学んだ(p20)


▼引用は、この本からです。

ナチスの発明
武田 知弘
彩図社
売り上げランキング: 71458

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■目次

第1章 世界を変えたナチスの発明
第2章 ナチスのめざしたユートピア
第3章 だれがナチスを作ったのか?
第4章 夢の残骸



■著者紹介・・・武田 知弘(たけだ ともひろ)

 1967年生まれ。大学中退後、塾講師、出版社勤務を経て、
 2000年からフリーライターとなる。
 裏ビジネス、歴史の秘密など著述活動を行っている。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: